2016.3.9 (Wed)

社員のモチベーションを高めるヒント(第1回)

山本五十六から学ぶ人材育成論

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 多くの経営者、指導者が格言としている、山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」という名言。この言葉には、人材育成のポイントが凝縮された続きがあるのをご存じでしょうか? 人を動かすには何をすべきかを教えてくれるこの言葉を、ビジネスの現場に当てはめて解説します。

山本五十六の人を育てる名言

 山本五十六は大日本帝国海軍の軍人であり、太平洋戦争開戦時の連合艦隊司令長官として、多くの部下を統率してきた人物です。その山本五十六の経験から生まれた名言が「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」です。

 リーダーシップ研修などで引用されることも多いので、耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。この言葉には、人を動かすためにすべきことが詰まっています。

やってみせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ