2016.7.21 (Thu)

まさかのために備える知識(第7回)

メタボなど成人病予備軍は会社の危機要因

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 メタボリックシンドロームや生活習慣病の原因は、当人の意識によるところが大きいものですが、従業員が一日の大半を過ごすのは会社であるので、会社も無関係とはいえません。社員を財産というのであれば、社員の健康も財産であるはずです。

 また、会社が国民の健康に果たす役割を国家として重要視する流れがあり、「健康経営」に取り組む企業に対して、金利を優遇する制度の導入が進んでいます。

メタボと生活習慣病の原因をおさらい

 メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が増えて、血液中の脂質、血圧、血糖値が上昇している状態です。ウエスト回りが、男性で85センチ以上、女性で90センチ以上になっていると、メタボの可能性が大きいといわれます。放置すると加速度的に動脈硬化が進むので、生活習慣病を発症する前段階とされます。いってみれば糖尿病、高血圧症、脂質異常症、心臓病、脳卒中など、最悪の場合は死に至る病気の黄色信号なのです。

 原因は、健康によくない生活習慣を続けていること。具体的には、脂質や塩分の多い食事をとり、野菜と果物をあまり食べず、運動不足で、不規則な睡眠しかとれない人が該当します。自分はまだ30~40代で、若いから大丈夫と思う人たちが多いでしょうが、その年齢でも十分可能性はあります。むしろ外食中心の働く若い単身世帯に増えているので、油断をしてはいけません。

会社が従業員の健康を守る2つの意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ