2016.6.27 (Mon)

まさかのために備える知識(第4回)

落雷でビジネス機会を損失!?転ばぬ先のサポート選び

posted by 羊田 洋

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 モバイルデバイスの利用拡大やビジネスのグローバル化、クラウドサービスの普及などにより、ビジネスにおけるネットワーク環境の重要性はさらに増しています。一方で、ネットワーク環境に何らかの障害が発生してしまい、ビジネス機会の損失や信用の低下といったリスクにつながるケースも存在します。ここでは、ネットワーク障害の発生原因とリスクについて、具体的な事例を交えながら解説し、安定したネットワーク環境を実現するために企業が行うべき対策を紹介します。

気候変動が、ネットワーク障害の原因に!?

 世界的な気候の変動によって、日本も急速に発達する低気圧やゲリラ豪雨の猛威にさらされています。特に夏場は、雷を伴うゲリラ豪雨が発生することも珍しくありません。落雷により停電が発生してネットワーク障害が発生した場合は、ビジネスそのものが停止する可能性も十分に考えられます。

 落雷だけに限らず、ネットワーク障害は、いつどのような原因によって発生するかわかりません。次は、具体的な事例を通じてネットワーク障害の発生原因とそのリスクを解説します。

2つの事例から学ぶ、ネットワーク障害の発生原因とリスク

週末夜間に、落雷によって予期せぬネットワーク障害が発生―A社の事例
 A社では週末の夜、落雷による停電が発生しました。停電そのものはすぐに復旧したものの、ネットワーク障害が発生し、クラウド上にある業務情報へのアクセスできない事態に。

 さらに、ネットワーク事業者と締結していた保守契約は平日のみの対応に限定されていたため、ネットワーク事業者による障害対応は翌週まで持ち越しとなりました。結果的に、翌週月曜日の夕方までネットワークが復旧せず、売上機会の損失が拡大してしまったのです。

深夜のリプレイス作業中にネットワーク障害が発生―B社の事例
 B社では、業務の影響が少ない深夜帯に、ネットワーク機器のリプレイスを実施しました。しかし、機器の設定に問題がありリプレイス作業が正常に完了できない事態に。保守契約を締結しているネットワーク事業者に対応を依頼したものの、深夜帯はサービス時間外という回答が返ってきました。結局、ネットワーク事業者による対応は翌営業日に持ち越され、対応が完了するまでネットワークを利用できない事態となってしまいました。

 2つの事例では、いずれもネットワーク事業者による「保守対応時間」がネックとなり、被害が拡大してしまいました。裏を返せば、より幅広い保守対応時間を設定しているサービスを利用していれば、リスクの拡大を防ぐことができたかもしれません。

 たとえば、A社は休日を含む365日対応可能な保守契約を締結できるネットワーク事業者を選択していれば、休日の間に復旧できたはずです。結果的に翌週月曜日からの業務への影響が回避され、機会損失を最小限にとどめることができたでしょう。

 また、B社は日中だけでなく、深夜に発生したトラブルにも対応してくれるサービスを選択すべきであったと言えます。ネットワーク機器のリプレイスを深夜帯に行うことを決定した時点で、リプレイス中に不測の事態が発生する可能性にも考えを巡らせるべきでした。

ネットワークを守るには、365日24時間サポートしてくれるサービスが必須

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
羊田 洋

羊田 洋

株式会社ネクストアド所属のライター。セキュリティソフトメーカーにて、システムエンジニアとしてシステム開発及び労務管理を担当。日々ITセキュリティ関連の情報や、労務管理に関する法務関連の情報に接している。現場の技術者及び事務担当の視点を持った記事の執筆を得意とする。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ

あわせて読みたい

close