2016.6.3 (Fri)

専門家の力で道を切り拓く(第2回)

もっと税理士を使いこなそう

posted by 納見 哲三

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 税理士・会計事務所の役割は、税務ばかりではありません。専門家ならではの知見を生かした経営計画の作成、会計情報のICT化対応、社員の福利厚生の相談など、中小企業向けにさまざまなサービスを提供しています。

 最近では税務以外にもマーケティングといった、新しい業務に取り組む人たちも増えてきました。

税務だけを任せるのではもったいない!

 うそのような本当の話で、かつて税理士は、子どもの結婚相手の相談にまで応じることがあったそうです。会社の跡取りの話なので、経営とまったく無関係ではありませんが、それほどパーソナルな話題が出るくらい、経営者にとって税理士は信頼できるパートナーなのです。

 なぜ税理士はそこまで信頼が厚く、経営者のよき相談相手なのでしょうか? それは税理士が会計処理をとおして、会社の嘘偽りない裸の状態を把握しているからにほかなりません。会社の中核となる情報を共有しているので、例えば「銀行へ融資をお願いする際に同行して助けてもらう」「税務申告書に税理士お墨付きの書類を添付してもらう」といった込み入った業務は、信頼する税理士に力を借りるべきです。税理士の仕事の範疇は意外と広いものなので、お願いをすればきちんと引き受けてくれることでしょう。

 もしも税理士に、税務のみを丸投げにしているのなら、それは非常にもったいないことです。ここでは税務以外で、税理士が担ってくれる重要な役割を紹介します。

税理士に会社の経営を相談する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
納見 哲三

納見 哲三
【記事監修】

納見哲三税理士事務所所長。税理士事務所勤務を経て、政府系金融機関の関連会社で事業承継やタックスプランニングに従事。独立後は、オーナー企業を中心に、社長や社員にとって最適な事業永続の方法を見極め、経営改善計画や起業支援を中心に、実践的なコンサルティングを展開。難解な税務問題でも、平易にわかりやすく伝えるその指導法に人気が高い。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ