スマートフォンを活用した働き方改革とは?(社内連携編)

異なる働き方だからこそ生まれる発想と助け合い

posted by 坂本 ロクタク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 企業規模によらず、どの企業にとっても人材の確保は大きな課題です。しかし、これまでと変わらない人材活用ではなかなか応募も集まらないもの。一見遠回りかもしれませんが、社内制度を整え、多様な人材に対応できる情報システムを作っていくことは人材確保のポイントとなります。時短勤務、在宅勤務、外勤、内勤など多様なスタッフが協力し合って働くコツは?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
坂本 ロクタク

坂本 ロクタク

1981年生まれ。京都出身。イラストレーター。大阪で服柄の仕事を中心に活動し、2005年に上京。その後、雑誌のイラストや看板・マンガ・広告等、さまざまな分野で活躍。現在は東京デザイナー学院の講師も務めており、生徒たちに絵の指導をしながら、自身の活動の幅も広げている。作品寄稿に『時代を切り開いた世界の10人 安藤百福レジェンド・ストーリー』(学研プラス)、『家庭でマスター! 中学生のスマホ免許』(誠文堂新光社)などがある。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

あわせて読みたい

close