2016.7.28 (Thu)

スマートフォン時代の企業サバイバル術(第9回)

一見さんが常連に! O2Oサービスの実力とは(後編)

posted by 落合 純平

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 前編では、オンラインコンテンツの普及によって顧客の購買行動が大きく変化し、それに対応するために多くの企業がO2Oマーケティングを実践しようとしていることを紹介しました。

 そして、O2Oマーケティングの実践を支援するO2Oサービスも続々と登場しています。しかし、そのようなサービスを利用してO2Oマーケティングを実践することには、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

 そこで今回は、O2Oサービスを利用することで得られるメリットを、大きく3つ紹介します。

O2Oサービスの活用で得られる3つのメリット

 前編でも述べた通り、O2Oマーケティングを実践する上ではスマートフォン向けアプリの活用が欠かせません。そのため、O2Oサービスの多くは、スマートフォン等で利用できるO2Oアプリや、既存のアプリに組み込むことのできるSDKという形で提供されています。

 このようなO2Oサービスを活用すると、商品・サービスやキャンペーンに関する情報、割引クーポンなどをアプリ経由で配信できるようになります。さらに、単にアプリやSDKを提供するだけにとどまらず、アプリ上で得られる顧客情報の収集や分析を行っているO2Oサービスも存在します。

 そして、O2Oサービスの活用することで、顧客増や売上拡大といった成果の獲得につながる3つのメリットを獲得できます。

メリット1. 購買率やリピート率が向上する

 顧客に対して、アプリ上から商品・サービスに関する情報やキャンペーン情報、店舗で利用できる割引クーポンを定期的に配信できるようになります。これまで一般的であったメールマガジンのように、受信箱の中で埋もれてしまう心配もありません。そのため、より高い確率で購買率やリピート率の向上を実現できます。

メリット2. One to Oneなアプローチが実現できる

 O2Oサービスの多くは、アプリ経由で来店履歴、購買履歴、平均購買単価といったさまざまな顧客情報を収集します。そして、収集した情報を活用して、顧客ごとに配信する各種情報やクーポンを出し分けることができます。そのため、O2Oサービスを活用すれば、それぞれの顧客に合った最適な情報・クーポンの最適なタイミングでの配信が可能となり、One to Oneのアプローチを実現できます。

メリット3. O2Oマーケティング全体の質が向上する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
落合 純平

落合 純平

株式会社ネクストアド B2Bコンテンツマネージャー。IT製品の紹介ページやナーチャリングコラム、メールマガジンの制作を数多く請け負い、サーバ、ネットワーク、仮想化基盤といった専門的な分野から、クラウドやモバイルといったトレンド分野まで、幅広いジャンルのウェブコンテンツを制作。株式会社ネクストアド コーポレートサイト:http://www.nextad.co.jp/

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

あわせて読みたい

close