スマートフォン時代の企業サバイバル術(第4回)

社員のスマートフォン、管理していますか?(後編)

posted by 大竹 利実

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを業務で活用するには、メリットとデメリットがあることを前編で紹介しました。しかし、そのデメリットを解決するスマートデバイス管理サービスがあります。それは「MDM」(携帯端末管理:Mobile Device Management)と呼ばれるもの。ここでは、このMDMを活用するとどんなことが可能になるのかを見ていきましょう。

スマートデバイスのセキュリティ対策を万全に

 MDMを導入すれば、スマートデバイスを業務で利用する際に一元的に管理できるようになります。社員に支給しているスマートデバイスを企業で一括管理することで、企業のセキュリティポリシー(企業の情報セキュリティに関する基本方針)に合わせた運用が可能となり、パソコンと同じような管理の仕組みを形成することができるのです。各スマートデバイスを一元管理する基本は以下の通りです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
大竹 利実

大竹 利実

20年以上のライター経験を持つITライター。某外資系大手IT企業で専属ライターの経験もあり。横丁、大衆酒場といった場所には目がない。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ

あわせて読みたい

close