他人には聞けないICTの“いま”(第35回)

今からでもまだ間に合う! ICT管理者探しはお早めに!

posted by 大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ICT管理者は、オフィス内のICT環境を維持・管理するとともに、トラブルが発生したときには復旧対応の中心となる重要な存在です。本社のほかに複数の拠点がある、業務で社外からオフィスとデータのやり取りを行うなどといった場合は、維持・管理の内容も高度なものになり、ICT全般に関する専門知識やノウハウが求められます。

 企業側も、知識とノウハウを有したICT管理者が必要と理解はしていても、自社の業務に適した具体的な人材像を把握できないなどで、採用に躊躇している企業も多いのではないでしょうか。本記事では企業がICT管理者を採用・確保する際のポイントを紹介します。

ICT管理者なしではセキュリティ対策が不可能

 「ICTを管理できる人材がいない」と悩んでいる経営者は多いことでしょう。実際に、ICT人材の不足は企業に対するアンケートからも明らかになっています。日本情報システム・ユーザー協会が2017年に公開した調査「第23回 企業IT動向調査2017(16年度調査)」では、連結売上高別で企業のグローバルITガバナンス達成上の課題という質問をしたところ、連結売上高1兆円未満の企業では「予算・人材の不足」、1兆円以上だと「ルール・ポリシー欠如」「ロードマップ共有不足」がICT管理を強化する上での課題として認識されています。

 このように、ICTを管理する人材がいない、あるいは人材がいても組織が整備されていないとどのような問題が生じるのでしょうか。

 まずICT環境が、業務に合わせて最適化されていない可能性が高くなります。知識やノウハウのある人材が不在の状況でICT環境を整備しようとしても、業務に必要とされる環境を整備することは難しいでしょう。今やオフィス外からでも社内のサーバーにアクセスできるようなネットワーク環境が求められています。また端末もPCのみならずスマートフォンやタブレット端末といったように多様化。そしてサーバーにクラウドの導入などというように、ICT管理の業務は大きな変化が生じています。そのような中で自社の業務に最適化したICT環境を構築することは、管理者不在では困難でしょう。また最適化されていないICT環境ではかえって業務効率を損ねるかもしれません。

 また管理者不在のICT環境において、セキュリティ対策が整っている可能性は低いでしょう。万が一、セキュリティ面の甘さによってPCのウイルス感染から情報漏えいなどが発生したら、業務がストップするのはもちろん、顧客にもダメージを与える可能性もあります。情報漏えいが起こっても知識やノウハウがなければ、トラブルの内容や原因の把握ができず、さらに相談相手の見当もつかないといった最悪の状況もあり得るでしょう。

ICT管理者の人材不足は解消されない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

塾講師、マーケ系情報コンサル等を経てフリーライターへ。企業のオウンドメディア、英語学習サイト、ニュースサイトを中心に執筆している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ

あわせて読みたい

close