他人には聞けないICTの“いま”(第31回)

VPNってなに?今さら聞けないVPNはじめの一歩

posted by 大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 VPNとは、インターネット回線などを利用して、本社と支店といったような離れた場所にあるLAN同士を接続する回線接続サービスです。大きな特徴は、他者と共用しているインターネット回線内に、専用回線を仮想的に設けることで、他者からの影響を受けにくい通信環境を実現してくれることが挙げられます。ここでは、VPNの特徴や種類、ビジネス利用におけるメリットを解説しましょう。

VPNの特徴とメリット

 VPNは、Virtual Private Networkの略語で「仮想プライベートネットワーク」と訳されます。VPN機能搭載ルータといった専用機器を導入することで、インターネット回線上に仮想の専用ネットワークを構築し、支社でも本社のサーバにあるファイルを共有することが可能となるのです。

 かつて本社と支社といった地理的に離れている場所で、通信速度やセキュリティ面で信頼性が高い接続回線として、自社だけが利用できる専用回線が用いられていました。しかし専用回線を開通するには敷設工事が必要で、本社と拠点間の距離や、拠点の数が増えるほど工事費用がかさむことになります。このように専用回線は、工事費や維持費などの面でコストのかかるネットワークでした。

 対してVPNは、通信事業者が提供するネットワークないし、一般的なインターネット回線を利用するため、敷設工事などの初期費用が抑えられます。維持費を自社で全額負担する必要もないため、専用回線と比べると安価に導入・運用できることがメリットの1つです。

外部端末によるリモートアクセスの危険性

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

塾講師、マーケ系情報コンサル等を経てフリーライターへ。企業のオウンドメディア、英語学習サイト、ニュースサイトを中心に執筆している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ

あわせて読みたい

close