他人には聞けないICTの“いま”(第30回)

社内にネットワーク管理者は不要の時代!?

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 事業の拡張などで、本社の近くに分室などのオフィスを構えたり、さらに本社以外に支店を置く場合、一昔前なら電話網をどうするかぐらいが悩みの種でしたが、仕事でパソコンやインターネットが必須の現代、拠点間のネットワークをどうするかについても考えなくてはいけません。しかし、中小規模の事業者の場合、専任のネットワーク管理者がいない場合が多く、新たな拠点を作ってから、どうしたらいいかと考えることがほとんどではないでしょうか。

情報の共有化に欠かせないネットワーク環境

 全国中小企業取引振興協会の調査によれば、中小規模の企業がICT化を推進する場合、重要視していることの1つが各種業務の処理の効率化です。これはパソコンなどを導入する場合は各種アプリケーションを利用して業務を遂行しやすくすることを目的としているので、当たり前ともいえることでしょう。注目すべきは、2番目に重視することで、「情報の共有」です。情報の共有は年々ICT化の目的としての重要度が増し、情報の共有といえば、社内にサーバーを置き、そこに情報を一元化することですね。これであればネットワークに関する知識が乏しくても、比較的簡単に構築することが可能でしょう。

 しかし、パソコンを含め扱う端末数が増えてくると、簡単にはいかなくなってきます。社内にネットワークを構築しようにも、中小規模の企業の場合、専任の担当者がいない場合が多く、なにからはじめたらいいかもわからない状態でしょう。

 これが拠点同士のネットワークとなるとさらに大変です。事実、社内(同一建物内など)の情報の共有はLAN上にあるサーバーを介して行うものの、分室や支店など離れた場所にあるオフィスとのファイルのやりとりなどの情報の共有はインターネットメールで行っているという企業も多いです。

 これではメールを送ったとの連絡を電話でするという二度手間が発生したり、大きなファイルはメールでは送れないので外部のストレージサービスを利用しなくてはいけないなど、さまざま非効率な面が生じ、またセキュリティ上も好ましくありません。

ベンダーの提供するサービスを利用する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

あわせて読みたい

close