他人には聞けないICTの“いま”(第28回)

社内から「繋がらない」の声をなくす、VPNを検討してみる

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 VPN(Virtual Private Network)は、簡単に導入できる仮想化ネットワークとして注目が集まっています。VPNはVPN対応のルーターを利用して、拠点間のネットワークをつなぐだけで実現可能ですが、導入までセキュリティや品質面など、さまざまな点を考慮する必要があります。VPNにはどんな種類があって、どんなメリット・デメリットがあるのか見てみましょう。

拠点間通信の切り札のVPN

 今の時代、どんなに小さな会社でもPCが2台以上あれば社内LANを構築して、文書の共有やインターネット接続などをしていることでしょう。また、本社だけでなく各地に支社や営業所があったり、また近所に分室がある場合などは、LAN同士を接続することで拠点間の通信がシームレスとなり、非常に便利です。しかし、実際には拠点間のLANはそれぞれ独立していて、拠点間でのファイルのやりとりなどは、メールやストレージサービスで行っていることがほとんどでしょう。それでは、セキュリティや速度の面から不満があります。しかし、拠点同士を専用線で結ぶのは初期費用はもちろん、維持費もかかり現実的でない面が大きい場合があります。

 そこで注目されているのが、VPN、つまり仮想プライベートネットワークです(Virtual Private Network)。インターネット回線などを利用してLAN同士を接続し、あたかも同一のネットワークのように利用することです。たとえば、東京の本社と大阪の支社をVPNで結べば、大阪の支社から東京の本社のサーバーにある書類などに社内LANと同じような感じでアクセスできるようになるのです。東京大阪間は物理的には500㎞以上の距離がありますが、VPNの技術を使えば実現できるのです。また、近頃盛んに提唱されている在宅勤務など、働き方の多様化にも対応可能です。

2種類あるVPN

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

あわせて読みたい

close