2017.3.28 (Tue)

他人には聞けないICTの“いま”(第26回)

会話するロボットを自社スタッフとして活用する方法

posted by 大竹 利実

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 政府は日本の労働市場について、少子高齢化と人口減少により、人手不足感が強まっていると指摘しています(内閣府「平成28年度 年次経済財政報告」より)。その解決策の1つとして「ロボット」が注目されています。

 特に最近では、会話などコミュニケーションに特化したロボットが、生活の中で人間と接する機会が増えてきました。これらのロボットは、AI(人工知能)により、人間と相互にコミュニケーションが図れる点が大きな特徴となっています。

 今回はサービスが徐々に誕生してきている、新たなロボットの形「コミュニケーションロボット」の例を紹介します。

会話できるロボットが日常生活でも増え始めている

 これまで日本で活躍しているロボットは、製造現場や建築現場などで活躍している、特定の作業に特化した「産業用ロボット」がメインでした。

 しかし最近は、コミュニケーションロボットと呼ばれる、人とのコミュニケーションを目的に開発されたロボットをサービスとして提供する企業も出てきています。このようなロボットは、AI技術の進歩により、紋切り型の案内アナウンスを流すだけではなく、人間と双方向でコミュニケーションが取れる点が特徴です。

 具体的な例を見てみましょう。近年、コミュニケーションロボットで話題となったものの1つが、長崎県のリゾート施設「ハウステンボス」内に2015年7月に開業した「変なホテル」です。このホテルでは、ロボットが接客業務を行うという、世界初の“ロボットホテル”となっています。

 たとえばフロントには、宿泊客と会話を楽しみつつ、チェックインやチェックアウトの手続きをしてくれる「フロントロボット」があります。さらに客室内にも、話しかけることで照明やアラームが設定できる「ちゅーりーロボ」が備えられています。同ホテルではこのほか、宿泊客の荷物をピックアップしてホテル内に収容する「クロークロボット」や、手荷物を部屋まで運んでくれる「ポーターロボ」といったロボットも備えられています。

 オフィスや商用施設の受付で活躍しているコミュニケーションロボットとしては、2014年6月に発表された、ソフトバンクロボティクスの「Pepper(ペッパー)」も、大きな話題となりました。

 このPepperは、AI技術を活用することにより、ロボットでありながら人間のような感情を擬似的に持っているのが特徴です。人間一人ひとりの顔と名前を記憶し、触れあうことで会話のバリエーションも増えていくといった特徴を持っています。オフィスだけでなく、全国の小中学校に設置されるケースも見られます。

 このほか、介護施設にコミュニケーションロボットを導入し、入所者の会話の相手として活用するという例もあります。

コミュニケーションロボットはどうすれば導入できるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

大竹 利実

大竹 利実

20年以上のライター経験を持つITライター。某外資系大手IT企業で専属ライターの経験もあり。横丁、大衆酒場といった場所には目がない。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ