2017.3.6 (Mon)

他人には聞けないICTの“いま”(第25回)

データとIT資産の管理はアウトソーシングすべし

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 現代の企業は多くの情報をデータとして管理しており、閲覧や加工、保存するためのパソコンといったIT資産が必要不可欠となっています。つまりデータとIT資産、どちらも適切に管理しないと企業生命の危機に直面する可能性があります。

 とはいえ、その重要性を認識しているものの、多くの費用をかけられない企業も多いのではないかと思われます。

 そんな時には、データとIT資産の管理をアウトソーシングすることが有効です。本記事ではそのメリットを紹介します。

IT資産とデータの管理は一体で考えよう!

 ひとくちにIT資産といっても、その範囲は幅広いです。パソコン、プリンタ、サーバー、ネットワーク機器やモバイルデバイスに加え、WindowsなどのOS、Officeなどのソフトウェアなども含まれます。これらを管理することは「IT資産管理」と呼ばれており、企業活動にとって不可欠です。また、IT資産があるところにはデータがあり、これらを守るセキュリティ管理も必要となります。

 IT資産とデータの管理は表裏一体なのです。しかしながら、一元管理できている企業は少ないのが現状です。

 コピー機やファックスなどをリースで利用したり、紙に印刷されている情報(例えば数年間保存義務のある税務や労務関係の書類など)をレンタル倉庫を契約して保管したりすることは、一般的に行われています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ