2016.5.23 (Mon)

他人には聞けないICTの“いま”(第10回)

デジタルサイネージで“おもてなし”を実現(前編)

posted by 大竹 利実

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ネットワーク経由で液晶ディスプレイなどに案内や広告などを表示させ、デジタルで情報を発信していくシステム「デジタルサイネージ」。電子化された看板、あるいはポスターとも言えるこのデバイスは、インターネット回線の普及や液晶ディスプレイの低価格化などにより普及が進みつつあります。

あらゆる場所で普及しつつあるデジタルサイネージ

 駅や空港、ショッピングモールなどでデジタルサイネージを目にしたことが、一度はあると思います。それだけ私たちの身の回りにはデジタルサイネージがあふれてきているのです。交通機関や公共空間だけでなく、屋外や店頭、店内など、さまざまな場所で、ネットワークに接続された“電子広告”“電子看板”であるデジタルサイネージが利用されています。

 長い間、屋外などで案内情報や広告などを表示させようとした場合、紙や看板などに印刷あるいは書き込んで掲示するしかありませんでした。しかしこのようなアナログ的な手法では、情報を更新しようとすると掲示物を貼り替えるしかなく、手間がかかります。また、掲載期間を過ぎた掲示物を貼ったまま撤去し忘れることがあるなど、情報の更新が徹底されないこともありました。

 それに引き換えデジタルサイネージは、ネットワーク経由で案内や広告を配信するので、好きなタイミングで内容を表示・変更させることが可能です。また、もともとがデジタル情報ですので、1日中同じ内容を表示させておく必要がなく、特定の時間と場所を指定して異なる案内情報や広告を表示できるのもメリットとなっています。

 しかも紙や看板と異なり貼り替える手間は必要なくなりますので、リアルタイムで表示内容を変えていくことができ、「掲示物を撤去し忘れた!」といった事態も発生しなくなります。

デジタルサイネージは広告だけでなく、情報共有にも活用できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

大竹 利実

大竹 利実

20年以上のライター経験を持つITライター。某外資系大手IT企業で専属ライターの経験もあり。横丁、大衆酒場といった場所には目がない。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

あわせて読みたい

close