他人には聞けないICTの“いま”(第5回)

どこが変わったの? いまどきの無線LAN事情(後編)

posted by 塚本 直樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 「セキュリティは大丈夫?」「通信速度が落ちないかな?」「設定が難しそう」など、オフィス内のネットワーク環境を有線LANから無線LANに変える時には、こうした不安を感じる人が少なくありません。しかし無線LANは大きく進化し、今では詳しい知識がなくても安全・高速・簡単に利用できるようになりました。

 そこで今回は、無線LANを簡単にセットアップできる仕組みをご紹介。そして、向上した通信速度やセキュリティ技術、さらに無線LANをオフィスに導入するメリットについてお話しします。

(前編はこちら

ボタンひとつで無線LANがセットアップできる簡易設定機能

 無線LANを経由してネットワークに接続する時には、接続するパソコンやスマートフォンでパスワードを入力する必要があります。そして、無線LANの登場した当初はパスワードを手動で入力するのが一般的でした。もちろん、今でもこの方式で無線LANをセットアップすることはできます。とはいえ、パスワードはかなり桁数が長いので入力を間違えてしまうことも珍しくありません。

 そこで登場したのが、無線LANの簡易設定機能です。これは無線LANのセットアップを簡単に行える仕組みで、ボタンひとつで無線LANの設定を完了できます。この簡易設定機能は非常に便利なものの、登場初期はメーカーごとに独自規格が乱立し、消費者に混乱を引き起こすこともありました。

 そこで無線LAN製品の業界団体であるWi-Fiアライアンスが策定したのが、メーカーを問わずに利用できるWPSです。このWPSについても、ボタンを押すだけで簡単に設定が行なえるようになっています。また、他社規格の簡易設定機能に 対応したWi-Fiルータの多くも、WPSに対応しています。

 さらに、機器の導入から設定、管理までをすべて任せられる「無線LANの構築サービス」も登場しています。このようなサービスでは配送された機器を使用するだけで無線LANが利用でき、導入までの時間とコストを一気に削減することができます。トラブル時のサポートサービスも付属しており、ネットワークの担当者がいない環境でも安心して運用可能です。

 また、NTT東日本の「ギガらくWi-Fi」など、来訪者向け無線LAN環境が構築できるパッケージサービスもあります。来訪者に社内ネットワークの一部を開放するには、正しくネットワークを設定することが必須。このような場合でも、プロによるパッケージサービスなら安心して導入できます。

向上した無線LANのセキュリティ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

塚本 直樹

塚本 直樹

株式会社ネクストアド所属のライター。ITやウェアラブル、スマートフォン、宇宙やドローン技術まで幅広く手掛けるフリーランスジャーナリスト。現在ベルリン在住。
Twitter:@tsukamoto_naoki

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ

あわせて読みたい

close