他人には聞けないICTの“いま”(第4回)

どこが変わったの? いまどきの無線LAN事情(前編)

posted by 塚本 直樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 一昔前までは、オフィス内のネットワークでは有線LANを利用するのが一般的でした。しかし今では、LANケーブルを使う必要のない無線LANも普及しています。またビジネス、プライベートの両面で活用されているスマートフォンやタブレットなどといった端末は、無線LAN接続を前提としたものがほとんどです。もし、それらを従業員に支給するとなれば、自社のオフィスにも無線LANが必要となります

 本記事では、無線LANの歩みや知識、導入によるメリットなどを紹介します。

無線LANっていつからあるの?

 パソコンや周辺機器をつなぐネットワークを構成する方法はいくつかあります。その1つである有線LANは、基本的にはパソコンにLANケーブルをつなげば利用ができるものです。通信速度も高速で安定しているため、今なお利用されています。

 一方で無線LANは、対応した製品が登場した2000年前後から普及が始まりました。しかし、登場直後はいくつもの規格が乱立しており、同じメーカーの製品同士でないと無線LANを利用できませんでした。

 そこで、メーカーの垣根を越えた無線LANの統一規格が登場します。それにより、違うメーカーの製品を組み合わせても利用できるようになったのです。

有線LANと無線LAN、なにが違うの?

 有線LANと無線LAN、その最大の違いは「LANケーブルが必要かどうか」という点。 そして、有線LANではパソコンなどの機器とLANケーブルを接続する必要があるので、機器の置き場所はケーブルと接続できるところに限定されます。一方で、LANケーブルを接続する必要のない無線LANは、電波の届く範囲であれば、オフィスの好きな場所で機器を利用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

塚本 直樹

塚本 直樹

株式会社ネクストアド所属のライター。ITやウェアラブル、スマートフォン、宇宙やドローン技術まで幅広く手掛けるフリーランスジャーナリスト。現在ベルリン在住。
Twitter:@tsukamoto_naoki

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


クラウドソリューション

ページトップへ

あわせて読みたい

close