2017.4.4 (Tue)

多発するサイバー攻撃から身を守る(第15回)

添付ファイルをダブルクリックしてはいけない

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ビジネスツールとして今や欠かせない存在となったeメールですが、怪しいファイルが添付されたメールが届いて、パソコンがマルウェアに感染してしまったりなど、セキュリティトラブルの原因となってしまうケースも多く見られます。

 安全対策として「メールソフトにウイルス対策を施す」「添付ファイルをむやみに開けない」といった手段もあります。しかし、昨今のウィルスメールは巧妙になり、さまざまな「騙し」のテクニックを駆使して、添付ファイルを開かせようとしています。

業務連絡を騙ったメールにご注意

 2015年に起きた日本年金機構の情報流出問題では、職員がウィルスに感染した添付ファイルを開いたことが原因とされています。「なんでそんな安直な手段に引っかかるんだ」と、思う人も多いかもしれません。

 ただしこのメールは、件名が「厚生年金制度の見直しについて(試案)に関する意見」という、業務関連であることを強調したものでした。これを信用した職員が、疑うことなく添付ファイルを開いてしまったといいます。

 これに加えて、パスワードの設定を職員任せにしていたなど、日本年金機構のセキュリティに対する教育がずさんだったことも大きな原因のひとつです。日本年金機構は莫大な情報を扱っているにもかかわらず、セキュリティに対する職員教育がまったくできていなかったという稚拙な理由で、大切な情報を悪意のある第三者に渡してしまったのです。

 しかし、どの企業でもこれらの危険性をはらんでいるのです。

ダブルクリックは禁止!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ