2016.4.28 (Thu)

多発するサイバー攻撃から身を守る(第11回)

サイバー攻撃3割増!いまやセキュリティ教育が不可欠

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

セキュリティ教育が必要な時代

 コンピューターセキュリティ関連情報の発信などを行う一般社団法人JPCERTの調査によると、2015年上半期のサイバー攻撃件数は、前年同期比の約3割増。なかには従業員数200人程度の企業も含まれ、企業規模によらないサイバー攻撃対策が必要となってきています。しかも、中小規模の企業はサイバー攻撃を受けたことすらわらからないことが多く、セキュリティ対策の強化が喫緊の課題となっています。

 対策のひとつとして、従業員全員にセキュリティに対する認識を高めてもらうことがありますが、本業以外にはなかなか手が回らないものです。そんな社内教育の悩みを解決するのが、パソコンなどのデバイスを利用したeラーニングです。セキュリティ教育のためのeラーニングを活用しましょう。

eラーニングのメリットとは?

 eラーニングのメリットで最初にあげられるのは、受講する従業員のスケジュールを考える必要がないということでしょう。社内で講習をする場合には、ある程度従業員の予定をヒアリングし、多くの従業員が出席しやすい時間帯を設定します。

 しかし、仮にうまく調整ができたとしても、当日急に仕事が入るなどして欠席ということもありえます。また、講習の場を設ける物理的な負担も生じます。社内に広い会議室などがある場合はいいのですが、なければレンタルスペースなどを手配しなくてはいけません。その点、eラーニングであれば時間や場所の制約を受けません。

 第二に、教材を個別に購入したり、前述したように会場をレンタルしたりするなどの費用がかからないのがメリットです。もちろん、会場まで移動する交通費も不要です。

確実に履行させられるeラーニング

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ