ICT活用事例(第6回)

パソコンに詳しいスタッフがいなくても運用していくには

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

株式会社大蔵企画は“お客さま第一主義”をモットーに、地元に密着したサービスの提供により、多くのお客さまと強い信頼関係を築いてきた。お子様連れに配慮したキッズスペースの設置や、季節に応じた明るい店内のレイアウトなど従来の不動産屋とは一線を画した店内が特徴的である。

株式会社大蔵企画
所在地 東京都東大和市立野2丁目4番1号
代表取締役  田代 功治  鴫原 学
http://okura-kikaku.com/

業種:不動産業
導入サービス:オフィスまるごとサポート(ITサポート)プラン・ミニライト

【導入して便利になったポイント】
・問題解決までの時間が格段に速くなった
・ICT担当者不在の時間帯も、社員間でヘルプデスクの連絡先を共有しておくことでスムーズに問い合わせできるようになった

パソコンに詳しいスタッフを新たに雇用しなくても良い!?

――導入に至った経緯や、決め手となった点についてお聞かせください

一番の決め手は、やはり費用の面も含めた上での手軽さでした。それまでの当社は“社内にインターネットなどのパソコン周りに詳しいスタッフが一人もいない”という課題がありましたが、そのために新たにスタッフを雇用するとなるとそれだけ人件費の面で負担が大きくなります。そのような状況においてオフィスまるごとサポート(ITサポート)の導入は最も有効な解決手段だと思いました。私どもが主に利用している「なんでもヘルプデスク機能」のサービスは月額1,000円(税抜)で月5回まであらゆる問題の解決方法を気軽に電話などで聞けるので大変助かっております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ