オフィスソフト使いこなし(第66回)

パワーポイントの蛍光ペン機能で見やすい資料作りを

posted by 山田 尚明

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 本や書類を読むときに、重要と思われる箇所を蛍光ペンで強調することがあります。また、学校の授業やセミナーでは、講師が重要な箇所を解説する際にアンダーラインをしたり、文字を囲ったりします。蛍光ペンによるマーキングやアンダーライン、あるいは文字を線で囲むことで、重要なポイントを伝える手法は、プレゼンテーションでも活用したいものです。

 パワーポイント2016より搭載された新機能[蛍光ペン]は、直線的で美しく線を引くことが可能です。また従来の[ペン]機能に用意されている[蛍光ペン]は、手書きでメモを入れたり、文字を線で囲うことができます(オフィスのバージョンや利用環境により利用できない場合あり)。本記事では、2つの[蛍光ペン]機能の違いを紹介します。

[蛍光ペン]機能の特徴

 まず、新しい蛍光ペン機能についてセミナーで配布する資料をサンプルに説明しましょう。まず[ホーム]タブの[フォント]グループにある「ab」という文字の下に黄色の線が表示されている[蛍光ペンの色]アイコンをクリックします。

 マウスポインターが蛍光ペンの形になったことを確認したら、強調したい箇所をドラッグして選択します。

 ドロップすると、選択した箇所が黄色でマーキングされます。

 色を変更することも可能です。色の変更は、[蛍光ペンの色]アイコンの右側にあるプルダウンをクリック。すると色の一覧が表示されるので、好みの色を選択しましょう。

 好みの色を選択すると、アイコンの下部にある線の色が選択した色に変更され、先程と同様に強調したい箇所をドラッグ&ドロップすれば、マーキングされます。

自由自在に使える[ペン]機能の蛍光ペン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

山田 尚明

山田 尚明

大学院卒業後、メーカの営業企画部署にて5年半、カタログ・Web制作や展示会の運営などのプロモーションに携わる。その後IT企業にて1年半インターネット広告の運用を担当。現在はフリーランスとしてIT、ビジネス、健康、金融、ニュースなどさまざまなジャンルの記事を執筆するとともに、Webサイトの制作やコンテンツマーケティング、インターネット広告の運用などの業務を行う。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ