オフィスソフト使いこなし(第64回)

エクセルの3Dマップで見栄えする地図グラフを作ろう

posted by 山田 尚明

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 テレビの天気予報などで、地図に地域別の雨量を立体的な棒グラフで表した地図グラフを見たことがある人は多いでしょう。各地の降雨量がビジュアル化され、ひと目でわかりやすいのが特徴です。ほかにも都道府県別の人口分布図など、さまざまな場面で地図グラフが使われています。

 エクセルでは2016から、地図に立体的なグラフを表示させる機能「3Dマップ」が追加されました。プレゼンテーションや会議で活用すれば、数字を追いかける説明よりも納得度が高い資料となるでしょう。

地域データを地図上にグラフで表す

 3Dマップを作成するには、まずデータ内に市町村、都道府県、郵便番号、国、地域、経度・緯度といった地理情報が含まれている必要があります。本記事では、下図のように「商品A」と「商品B」の都道府県別売上個数データをサンプルとします。

 まずは[挿入]タブの[ツアー]グループにある[3Dマップ]をクリックします。「データ分析アドインをオンにします」というダイアログボックスが表示された場合は[有効]を選択してください。

 [レイヤーウィンドウ]に地図が表示され、データの存在する地域に印が付いています。印が正しい地域に付いていない場合は、印を選択して[レイヤーウィンドウ]右側にあるドロップボックスの[場所]の項目を調整して、修正します。

 ドロップボックスにある[高さ]の[+フィールドの追加]をクリックすると、グラフ表示するデータが選択できます。まずは[商品A]を選択してみましょう。

 商品Aの売上個数が、地図上に立体的な青色の棒グラフとして表示されました。同様の手順で、商品Bのデータも[+フィールドの追加]で追加すると、商品Bの売上個数が橙色の棒グラフとして地図上に表示されます。

 俯瞰からの視点では棒グラフの差が見えにくい場合、地図の右下にある矢印ボタンで視点の角度調整を行いましょう。[下に傾ける]をクリックすると俯瞰から水平へと視点を変更することができます。また、視点角度の調整ボタンの下にある[拡大][縮小]をクリックすることで、地図の尺度を調整することも可能です。

白地図を航空写真風にアレンジ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

山田 尚明

山田 尚明

大学院卒業後、メーカの営業企画部署にて5年半、カタログ・Web制作や展示会の運営などのプロモーションに携わる。その後IT企業にて1年半インターネット広告の運用を担当。現在はフリーランスとしてIT、ビジネス、健康、金融、ニュースなどさまざまなジャンルの記事を執筆するとともに、Webサイトの制作やコンテンツマーケティング、インターネット広告の運用などの業務を行う。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ