オフィスソフト使いこなし(第61回)

エクセルの「セルの読み上げ」機能で見落としを削減

posted by 松崎 美穂

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ビジネスシーンでは、作成した予算、見積もりなどの表データのチェックを行う場面が多々あります。たとえば、手書きの受注票からエクセルへ金額や数量、顧客データなどを入力した場合、データが正しく入力できているかのチェックは必須ですが、目視のみの方法を繰り返すのでは、気づけないタイプの見落としもあります。

 そういった見落としを防ぐ方法として、耳で聞いた値と画面上の値を比べるといったように方法を変えてチェックすると、画面上で見比べただけでは発見できなかった誤りに気づく場合があります。

 しかし、それには読み上げる人とチェックする人というように2人の人員が必要です。それを1人で可能にするのが、エクセルにある音声による[セルの読み上げ]機能です。[セルの読み上げ]は、入力されているデータをコンピューターの音声合成で読み上げてくれるので、1人でも聞くことによるチェックが可能となります。

デフォルトでメニューに無い[読み上げ]を使うには

 エクセルの音声読み上げ機能は、[セルの読み上げ]というコマンド名で搭載されています。しかし、リボン(ウィンドウの一番上にあるツールバーや、クイックアクセスツールバー)にはデフォルトで表示されていない機能です。まずは[セルの読み上げ]を使いやすくするため、リボンへボタンとして登録しましょう。

 本記事では、クイックアクセスツールバーに[セルの読み上げ]のボタンを追加します。ツールバーに追加することもできますが、ツールバーのタブを切り替えないと[セルの読み上げ]を実行できません。いつも表示されているクイックアクセスツールバーのほうが実用性は高いと思われるので、こちらの登録方法を紹介します。

 クイックアクセスツールバーの一番右にある、下向き三角のアイコンをクリックします。[クイックアクセスツールバーのユーザー設定]のというプルダウンメニューが表示されるので、[その他のコマンド]をクリックします。

 [エクセルのオプション]ダイアログボックスが表示されるので、[コマンドの選択]ボックスから[リボンにないコマンド]を選択します。

 [コマンドの選択]ボックスの下にあるリストから[セルの読み上げ]メニューを選択し、[追加]ボタンをクリックします。

 関連するコマンドを追加しておくと使いやすいでしょう。[セルの読み上げ – セルの読み上げを停止]、[セルを1行ずつ読み上げ]、[セルを1列ずつ読み上げ]も同様に選択し、[追加]をクリックします。最後にダイアログボックス右下の[OK]をクリックします。

 クイックアクセスツールバーを見ると、4つのボタンが追加されています。左から[セルの読み上げ]、[セルの読み上げ – セルの読み上げを停止]、[セルを1行ずつ読み上げ]、[セルを1列ずつ読み上げ]の順に並んでいます。これでボタンの設定は完了です。

読み上げ機能の使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

松崎 美穂

松崎 美穂

大学卒業後、外資系ソフトウェアベンダーへ入社。インストラクター、コンサルタントとして約5年在籍。その後フリーとなり、インストラクター経験を活かし、各種ソフトウェアの操作説明作成、カスタマーサポート、Office製品・パソコンインストラクターなどの業務に従事。2児の母。趣味はピアノ。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ