オフィスソフト使いこなし(第58回)

エクセルのエラーチェック機能を活用してミスを防ぐ

posted by 松崎 美穂

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 エクセルを使っていると、セルの左上の隅に表示される小さな緑色の三角形アイコンを目にしたことはないでしょうか。これは他のアプリなどからエクセルにデータを貼り付けた場合などに表示され、数値データの形式が文字列となっていることを知らせています。

 このような機能がある理由は、エクセルで扱える数値の形式は「数値」と「文字列」に区別されているからです。文字列形式となっている数値は、関数の参照先に指定しても計算対象にならず、数式エラーや計算ミスが発生します。そうならないよう、視覚的に判明できるようにしたのが三角形アイコンです。

 エクセルには、文字列形式となっている数値を、数値形式に変更する3つの技があります。三角形アイコンが表示された際に重宝しますので、覚えておくとよいでしょう。

参照先は間違っていないのに数式の結果がおかしい

 指定されたセルの範囲内で最大値を返すMAX関数で、おかしな計算結果となった場合の修正方法を例に、文字列形式を数値形式に変更する方法を紹介します。

 MAX関数の参照先はセルC1からC3の「1」「250」「-3958」になっています。正しい答えは250ですが、緑の三角形アイコンが表示されている左の列では、計算結果が0という結果になっています。

 このように、数値データを文字列形式に設定していると予期せぬ結果が表れます。

間違いの原因が分かる機能、エラーチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

松崎 美穂

松崎 美穂

大学卒業後、外資系ソフトウェアベンダーへ入社。インストラクター、コンサルタントとして約5年在籍。その後フリーとなり、インストラクター経験を活かし、各種ソフトウェアの操作説明作成、カスタマーサポート、Office製品・パソコンインストラクターなどの業務に従事。2児の母。趣味はピアノ。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ