オフィスソフト使いこなし(第48回)

あいさつ文は自動入力機能で!ワードの効率アップ術

posted by 松崎 美穂

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 さまざまな文書をワードで作成していると、「内容はなんでもいいから、ダミー文章を入れたい」というケースに遭遇したことはありませんか。

 たとえば設定したフォントを確認したいときや、テンプレートにサンプル文章を入れてレイアウトなどの体裁を整えたいという場面で、わざわざダミー文章を考えるのは、時間と労力の浪費といえるでしょう。

 ワードには、ユーザーの代わりにダミー文章を考えてくれる便利な機能が用意されていますので、ここでご紹介します。

特定の文字列を記入するだけでダミー文章を自動で

 ダミー文章を入力する方法はとても簡単です。行頭に半角で「=rand()」と入力して改行しましょう。

 すると下図のように3段落の文章が自動入力されました。入力される文章はワードのバージョンによって異なり、下記はワード2016のものです。

 rand()関数のカッコ内にパラメーターを指定すれば、好みの長さのテキストが作成できます。パラメーターは下記のように指定しましょう。

=rand(段落数,1つの段落に含まれる文章数)

 rand()関数を覚えておけば、ダミー文章を考えたり他の文章をコピー&ペーストで再利用するより手間が少なく、楽に作業効率が高められます。

あいさつ文を自動入力する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

松崎 美穂

松崎 美穂

大学卒業後、外資系ソフトウェアベンダーへ入社。インストラクター、コンサルタントとして約5年在籍。その後フリーとなり、インストラクター経験を活かし、各種ソフトウェアの操作説明作成、カスタマーサポート、Office製品・パソコンインストラクターなどの業務に従事。2児の母。趣味はピアノ。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ