オフィスソフト使いこなし(第44回)

ワード文書に図や写真をセンスよく挿入する方法

posted by 川本 鉄馬

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 多くのビジネス文書には、図やイラスト、写真などが挿入されています。しかし挿入場所や挿入の仕方をうまく調整しないと、ビジネス文書が読みにくくなってしまいます。

 そこで、今回はワードに図や写真をセンスよく挿入する方法について紹介します。図や写真の挿入に気を配ることで、より質の高いビジネス文書が作成できます。

図や写真をレイアウトする「挿入」

 ワード文書に図や写真を挿入するには、いくつかの方法があります。たとえば写真をすばやく挿入したいときは、マウスのドラッグ&ドロップを使いましょう。まずワード文書上で写真を挿入する場所にカーソルを移動しておきます。この状態でフォルダやデスクトップなどから写真をワード文書上にドラッグ&ドロップすると、カーソルの位置に写真が挿入されます。

 ワード文書上に挿入される写真のサイズは、自動で調整されます。たとえば、ワード文書よりはみ出てしまう大きな画像は、全体がページ内に収まるサイズに縮小されます。また小さな写真の場合は、拡大・縮小されずにそのままのサイズで挿入されます。

 このため、サイズが異なる写真をワード文書に挿入すると、下図のように見た目が損なわれる場合があります。

写真が整然と並べば、見た目がスッキリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

川本 鉄馬

川本 鉄馬

IT系をメインに原稿を書いてきましたが、最近は自動車、オートバイ、自転車、防犯、ウクレレなどイロイロ書きます。PC系は、Windowsがバージョン2の頃からのお友だち。ここ何年かのお気に入りはUbuntuで、今年になってPythonをいじり始めました。いつの間にか始めていたIngressが、もうすぐレベル11になります。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ