オフィスソフト使いこなし(第43回)

エクセルのクイック分析でデータを視覚化する

posted by 川本鉄馬

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 エクセルは、住所リストの管理から各種集計までさまざまな場面で活用されています。活用されている理由のひとつとして、強力な分析ツールの機能を備えていることが挙げられるでしょう。今回は、その機能のひとつ「クイック分析」を紹介します。

 “分析”という単語は難しいイメージを与えがちです。しかし使用機会の多い機能がまとめられていますので、ぜひ活用してください。クイック分析を使えるようになれば、多くの数字が入力された表を、異なる角度から分析するといったことも可能になります。

ワークシート上で使える、お手軽な分析機能

 エクセルのクイック分析は、メニューやリボンから実行する機能ではありません。そのため、存在に気づかない人が多い機能です。

 クイック分析の使い方は、数値が入力された表で範囲指定すると表示されるボタンをクリックします。このボタンは、エクセルのスプレッドシート上で範囲指定を行わないと表示されません。

 クイック分析のボタンをクリックするとメニューが開き、用意された分析機能を実行するためのアイコンが表示されます。

 エクセルのクイック分析が便利なのは、表示されたメニューからどれかを選ぶと、その結果がすぐにスプレッドシート上に反映されることです。

 たとえば「データバー」は、指定した範囲に入力されている数値の最大値を基準として、その他のセルに入力された数値を棒グラフにして表示します。

 この表中では、E支店の6月の数値が最大です。クイック分析のデータバーを使うと、E支店の6月の数値を基準にして、他のセルの数値がどの程度の比率になるのかを視覚的に把握できるようになります。

数値の最大/最小を自動で検出できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

川本鉄馬

川本鉄馬

IT系をメインに原稿を書いてきましたが、最近は自動車、オートバイ、自転車、防犯、ウクレレなどイロイロ書きます。PC系は、Windowsがバージョン2の頃からのお友だち。ここ何年かのお気に入りはUbuntuで、今年になってPythonをいじり始めました。いつの間にか始めていたIngressが、もうすぐレベル11になります。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ