オフィスソフト使いこなし(第42回)

ワード文書を本のようなレイアウトで表示する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 資料や企画書などの文書をワード上で読む際、何ページにも渡る長い文書だと、画面をスクロールさせることに苦痛を感じる人も多いのではないでしょうか。今回は、ワード上で本を読むような感覚で文書が読める「閲覧モード」を紹介します。

 この方法を使うと閲覧性が高まるので、長文も楽に読めるようになります。ほかにも、参照したい図やグラフなどをスピーディーに見つけられる点も大きなポイントです。

編集モードと閲覧モードを使い分ける

 ワードには、文書を表示させる方法がいくつか用意されています。目的によって使い分けると、より快適に使えるようになるでしょう。

 長い文書を閲覧する際は、画面スクロールをせずに読める「閲覧モード」が適しています。

 文書の表示を切り替えるには、メニューから[表示]を選択しましょう。すると、新しいリボンが表示され、[閲覧モード][印刷レイアウト][Webレイアウト]などの表示モードが選べるようになります。

 なお、ワードの起動時に適用される表示モードは、直前に使用したものが適用されます。また、表示モードはワード画面の右下に表示されるアイコンでも切り換え可能です。

閲覧モード時にワンタッチでページを移動する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ