オフィスソフト使いこなし(第41回)

プレゼンをスマートにするパワーポイント操作法

posted by 川本 鉄馬

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 パワーポイントは、資料の作成時はもちろん、プレゼンの現場でも使われるツールです。そのため、プレゼンターはパワーポイントの操作に慣れておく必要があります。

 スライドショーを使っているときのパワーポイントは、マウスの他、キーボードでも操作可能です。特にキーボードを使った操作では、マウスの右クリックで表示されるメニューを表示せずにパワーポイントの操作が可能で、ダイレクトにパワーポイントを操作できるなど、優れた点があります。これは、プレゼンを見ている人にスマートな印象を与えます。

 そこで今回は、パワーポイントを使ったプレゼンをスムーズに進行するためのキーボード操作について紹介します。すべての操作をキーボードに移行する必要はありませんが、一部の操作だけでもキーボードを使うと、きっとプレゼン時のスライド操作に余裕が生まれるはずです。

キーボード操作のメリットとは

 プレゼンは、提案の内容はもちろん、その場の雰囲気や流れも重要です。スムーズなプレゼンは、訴求したいポイントに見る人の意識を集中させます。これは結果的にプレゼンを成功に導きます。

 パワーポイントを使ったプレゼンなら、スライドの操作が重要ということになります。プレゼンの現場でキーボードからパワーポイントが使えれば、必要な機能にダイレクトにジャンプできます。スライドショーを素早く操作できるので、現場と一体感を保ったプレゼンが行えるようになります。これは大きなメリットです。

 キーボードを使えば、相手の理解度に応じて前に表示したスライドに戻ることや、画面表示を一旦オフにして説明に注目を向けさせるなどのテクニックが活用できます。

 これによって、同じスライド資料でありながら、プレゼンの成果を最大限に引き出すことが可能になります。

スライドショーの実行、終了をワンタッチで行う

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

川本 鉄馬

川本 鉄馬

IT系をメインに原稿を書いてきましたが、最近は自動車、オートバイ、自転車、防犯、ウクレレなどイロイロ書きます。PC系は、Windowsがバージョン2の頃からのお友だち。ここ何年かのお気に入りはUbuntuで、今年になってPythonをいじり始めました。いつの間にか始めていたIngressが、もうすぐレベル11になります。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ