オフィスソフト使いこなし(第39回)

作業スピードが大幅アップ!ワードのTips集

posted by 川本 鉄馬

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 企画書や契約書など、ビジネス文書の作成において、さまざまな用途で使える「ワード」。すべての機能をマスターするのは大変ですが、一部の機能を使うだけでも、作業スピードがアップできます。

 そこで今回は、ワードを利用する人の多くに役立つ「小技(Tips)」を4つ取り上げてみます。

ツールバーの表示/非表示をキーボード操作で簡単に切り替える

 ワードやエクセルなどのオフィスソフトは、基本的な操作の多くが画面上部のツールバーから選択します。特にオフィスは機能が多いため、このツールバーに多くのアイコンが並びます。そのため、メイン画面の編集スペースを圧迫してしまうこともあります。

 そんな時は、ツールバーを非表示にすることで、メイン画面の編集スペースをより広く表示することができます。

 ツールバーの表示/非表示は、メニューにある[表示]ボタンを使って切り替える方法がありますが、より簡単に切り替えるためには、キーボードで[CTRL]+[F1]を使う方がスピーディーです。

 ツールバーの表示切り替えは、1280×800ドットなど、画面解像度が低いモバイル系ノートPCで特に有効です。場所を取るツールバーの表示/非表示を切り替えることで、作業面積が広がります。キーボード操作によるショートカットを覚えれば、快適な入力環境を実現できます。

左右いっぱいの罫線を簡単に入れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

川本 鉄馬

川本 鉄馬

IT系をメインに原稿を書いてきましたが、最近は自動車、オートバイ、自転車、防犯、ウクレレなどイロイロ書きます。PC系は、Windowsがバージョン2の頃からのお友だち。ここ何年かのお気に入りはUbuntuで、今年になってPythonをいじり始めました。いつの間にか始めていたIngressが、もうすぐレベル11になります。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ