オフィスソフト使いこなし(第36回)

エクセルデータの抽出なら「フィルター」機能が便利

posted by studio woofoo (www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 名簿や住所録、顧客管理など大量のデータが入ったエクセルのファイルから、特定の条件を満たした複数のデータを抜き出すとき、ひとつずつ検索していてはとても手間がかかってしまいます。ですがエクセルには、大量のデータであっても、簡単に特定の条件を満たした情報が抽出できる「フィルター」という機能が備わっています。

列の中身をソートして表示する「フィルター」の使い方

 今回はフィルターの使い方を、気象庁が発表している気象データ(※1)を用いて紹介します。気象庁では、過去100年以上も前の各地の気象データを公開しており、エクセルファイルとしてダウンロードできます。本記事では、金沢の2016年の日別平均気温、降水量、最高気温、最低気温を含んだデータを使用します。

 ダウンロード後のファイルは、以下のようなものとなります(選択するデータによって、エクセルファイルの内容は異なります)。

 ここで、「平均気温」など、データの単位を示す行を全て選択し、[ホーム]タブから[並べ替えとフィルター]をクリック、出てきたメニューの[フィルター]を選択します。

 すると以下のように、選択範囲の全てのセルに下向きの矢印「▼」がついたボタンが追加されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

studio woofoo (www.studio-woofoo.net)

studio woofoo (www.studio-woofoo.net)

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ