オフィスソフト使いこなし(第33回)

簡単かつ見やすい!特定のセルを自動で強調する方法

posted by 小山田 明人

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 エクセルの「条件付き書式」という機能をご存じでしょうか。これは、ある特定の値が入力された時などに、自動で当該セルを強調する機能です。手作業で色付けするよりも簡単に見やすい資料を作成できます。

 今回は基本的な動作を覚えるため、条件付き書式を使った「色」の変更について見ていきましょう。

ある条件を満たすセルを自動的に強調するにはどうすれば良い?

 たとえば、以下のような進捗管理表があります。ですが、ただ表にしてあるだけだと、どのデータが重要なのかがわかりません。そこでこの表に一定のルールを設け、セルを強調したいと思います。

 設定する条件は、以下の2点です。

・数値が85以上なら、文字色を赤くして太字にする
・数値が85未満なら、グレーで塗りつぶす

 まずは、条件付き書式を適用する範囲を選択するところからスタートします。この表は月ごとに表示されていますが、「4月」から「12月」までの表すべてを選択しておきます。「4月は除外したい」という場合は、4月を除いたセルを選択します。

 次に、ホームタブの中から「条件付き書式」をクリックし、表示された一覧から「セルの強調表示ルール」を選択します。

 まずは「85以上」を設定しましょう。一覧の中にある「指定の値より大きい」を選択します。

 そして、表示された入力欄に、「85.0」を入力します。これで、「『85』以上」という条件設定が完了します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

小山田 明人

小山田 明人

株式会社ネクストアド代表取締役。2008年より学習塾を経営し、学校取材を重ねるなか、閉ざされた教育業界の広告を変えたいという思いから2015年4月株式会社ネクストアドを設立。現在では、B2Bコンテンツ・ホワートペーパーを制作するB2B事業部、不動産や物販、アフィリエイターをコンテンツで支援するB2Cコンサルティングを中心に業務を拡大。独自のライティングノウハウで、クレジットカード・格安スマホ・引越しなどのビックキーワードで1ページ目を獲得し活躍を続ける。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ