オフィスソフト使いこなし(第32回)

Webサイトの「階層」をエクセルで改善する方法

posted by 小山田 明人

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 インターネットが普及した今、ほとんどの企業がWebサイトを開設していることでしょう。エクセルは、Webサイトの管理にも活用できます。

 Webサイトは必ず複数のディレクトリ(フォルダ)があり、それが階層化されて成り立っています。この階層の整理にエクセルを活用することで、SEOの効果を高めるなど、より良い改善につなげることができます。

エクセルでサイトマップを可視化する

 まずはWebページに存在する全てのページのタイトルとURLを、上図のようにエクセルの表形式に整えます。階層がわからない場合は、サイトの構造を解析するフリーソフトを使用してください。有名なものとしては「Website Explorer」があります。

 

関数を組み合わせて、階層を表示する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

小山田 明人

小山田 明人

株式会社ネクストアド代表取締役。2008年より学習塾を経営し、学校取材を重ねるなか、閉ざされた教育業界の広告を変えたいという思いから2015年4月株式会社ネクストアドを設立。現在では、B2Bコンテンツ・ホワートペーパーを制作するB2B事業部、不動産や物販、アフィリエイターをコンテンツで支援するB2Cコンサルティングを中心に業務を拡大。独自のライティングノウハウで、クレジットカード・格安スマホ・引越しなどのビックキーワードで1ページ目を獲得し活躍を続ける。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ