オフィスソフト使いこなし(第22回)

エクセルで売り上げ予測を立てて目標を設定する

posted by 小山田 明人

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 年度計画や新商品を発売するときに、必ず立てるのが売り上げ目標です。予測分析は過去の売り上げ実績などがベースとなりますが、計算表に手打ちをすると時間がかかり、ミスも起こりやすくなります。

 今回は、エクセルを使った効率的な売り上げ目標の設定の仕方を紹介します。

(1)過去の売り上げ実績を分析する

 まずは過去の実績を分析することから始めます。売り上げデータは様々な角度から集計されているかと思われますが、できれば数年分についてわかりやすくまとめていきましょう。

 今回は、ある会社のTシャツの売り上げについて、簡単に月ごとの売り上げを表にまとめてみました。

(2)グラフ化でさらに見やすく

 売り上げの推移をグラフ化することでさらに見やすく、分析が容易になります。

 行と列(ここでは“月”と“年”を含む範囲)を指定し、グラフの「折れ線」を選びクリックすると、すぐにグラフが作成、表示されます。

 タイトルの部分をクリックしタイトルを入力すると、ナビゲーションが表示されるので、文字や枠線などが変更できます。

 このグラフでは平均値が見にくいので、平均値のみ黒の点線に変更します。平均値の線の上でクリックするとナビゲーションが表示されるので、「線の色」を黒に、「実線/点線」を点線に変更します。

 売り上げの単位として「(単位 千円)」というテキストを、数値の上部に追加します。テキストボックスを使い、大きさや位置を調整しましょう。

(3)要因データを分析する

 続いて、売り上げに関係する「要因分析」の表も作りましょう。今回は、「Tシャツは暑い時期によく売れる」との仮定から、気温と降水量に注目した表を作成します。

 気温と降水量は、気象庁のホームページで公開されている情報を用います。

 気象庁のホームページで表示されたデータは、エクセルにそのままコピーできます。「Ctrl + C」のショートカットなどを利用して、新しいエクセルのシートにコピーします。

必要な年度分のデータをエクセルに貼り付け、それぞれの年度の降水量と気温をまとめます。その後、必要なデータを別のシートにまとめます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

小山田 明人

小山田 明人

株式会社ネクストアド代表取締役。2008年より学習塾を経営し、学校取材を重ねるなか、閉ざされた教育業界の広告を変えたいという思いから2015年4月株式会社ネクストアドを設立。現在では、B2Bコンテンツ・ホワートペーパーを制作するB2B事業部、不動産や物販、アフィリエイターをコンテンツで支援するB2Cコンサルティングを中心に業務を拡大。独自のライティングノウハウで、クレジットカード・格安スマホ・引越しなどのビックキーワードで1ページ目を獲得し活躍を続ける。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ