オフィスソフト使いこなし(第8回)

パワーポイントにメディアを埋め込もう(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

前回のオーディオに引き続き、今回はビデオ・動画をスライドに埋め込むテクニックを紹介します。

スライドにビデオファイルを追加する

 スライドに動画(ビデオファイル)を追加します。前編と同様に、使用するビデオファイルはあらかじめ用意しておきましょう。使用できるビデオファイルの形式は以下の通りです。

拡張子 ファイル形式
.asf Windows Media ファイル
.avi Windows Videoファイル
.mpg又は.mpeg MPEGファイル
.wma Windows Mediaビデオファイル

 なお、Apple社の提供するQuickTimeがインストールされていれば、QuickTime形式(拡張子は .mov あるいは.mp4)、Adobe社のAdobe Flash Playerがインストールされていれば、Adobe Flash形式(拡張子は .swf)のビデオファイルが利用できるようになります。

①オーディオファイルを追加したいスライドを開きます。
②リボンの[挿入]タブをクリックします。

リボンの[挿入]タブをクリックします

③[メディア]の[ビデオ]の下にある▼をクリックし、④[ファイルからビデオ]を選択します。

[メディア]の[ビデオ]の下にある▼をクリックし、④[ファイルからビデオ]を選択します

・パワーポイント2003/2007の場合
メニューから[挿入]→[ビデオとサウンド]をクリックし、[ファイルからビデオ]を選択します。

メニューから[挿入]→[ビデオとサウンド]をクリックし、[ファイルからビデオ]を選択します

・パワーポイント2007の場合
[メディア]の[ビデオ]の下にある▼をクリックし、[ファイルからビデオ]を選択します。

[メディア]の[ビデオ]の下にある▼をクリックし、[ファイルからビデオ]を選択します

⑤追加したいビデオファイルを選択し、⑥<挿入>をクリックします。

追加したいビデオファイルを選択し、⑥<挿入>をクリックします

・パワーポイント2003/2007の場合
挿入するファイルを選択したら<OK>をクリックします。その後、表示されるダイアログボックスで、<自動>または<クリック時>のどちらかをクリックします。スライド表示と同時に再生する場合には<自動>を、ビデオオブジェクトをクリックした時に再生する場合には<クリック時>を選択しましょう。

挿入するファイルを選択したら<OK>をクリックします。その後、表示されるダイアログボックスで、<自動>または<クリック時>のどちらかをクリックします。スライド表示と同時に再生する場合には<自動>を、ビデオオブジェクトをクリックした時に再生する場合には<クリック時>を選択しましょう

⑦オーディオファイルがスライドに挿入されます。

オーディオファイルがスライドに挿入されます

ビデオファイルの挿入には時間が掛かる場合があります。

ビデオファイルをリンクとして追加する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ