オフィスソフト使いこなし(第7回)

パワーポイントにメディアを埋め込もう(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

プレゼンテーション用スライドを作成する際に、ただ画面を表示するだけでなく、音や動画が入っているほうが、注目度が高くなります。今回は、パワーポイントに音や動画といったメディアを埋め込む方法の前編として、スライドに音を追加する方法を紹介します。
なお、解説はパワーポイント2010を使用していますが、特に表記していなければパワーポイント2007でも同様の操作が可能です。

スライドにオーディオファイルを追加する

 スライドに音(オーディオファイル)を追加します。使用するオーディオファイルは、あらかじめ用意しておきましょう。使用できるオーディオファイルの形式は、以下の通りです。

拡張子 ファイル形式
.aiff AIFFオーディオファイル
.au AUオーディオファイル
.mid又は.midi MIDIファイル
.mp3 MP3オーディオファイル
.wav Windowsオーディオファイル
.wma Windows Mediaオーディオファイル

①オーディオファイルを追加したいスライドを開きます。
②リボンの[挿入]タブをクリックします。

リボンの[挿入]タブをクリックします

③[メディア]の[オーディオ]の下にある▼をクリックし、④[ファイルからオーディオ]を選択します。

[メディア]の[オーディオ]の下にある▼をクリックし、[ファイルからオーディオ]を選択

・パワーポイント2003の場合
メニューから[挿入]→[ビデオとサウンド]をクリックし、[ファイルからサウンド]を選択します。

メニューから[挿入]→[ビデオとサウンド]をクリックし、[ファイルからサウンド]を選択

・パワーポイント2007の場合
[メディア]の[サウンド]の下にある▼をクリックし、④[ファイルからサウンド]を選択します。

[メディア]の[サウンド]の下にある▼をクリックし、[ファイルからサウンド]を選択

⑤追加したいオーディオファイルを選択し、⑥<挿入>をクリックします。

追加したいオーディオファイルを選択し、<挿入>をクリック

・パワーポイント2003の場合
挿入するファイルを選択したら<OK>をクリックします。その後、表示されるダイアログボックスで、<自動>または<クリック時>のどちらかをクリックします。スライド表示と同時に再生する場合には<自動>を、サウンドアイコンをクリックした時に再生する場合には<クリック時>を選択しましょう。

メニューから[挿入]→[ビデオとサウンド]をクリックし、[ファイルからサウンド]を選択

・パワーポイント2007の場合
挿入するファイルを選択したら<開く>をクリックします。その後、表示されるダイアログボックスで、<自動>または<クリック時>のどちらかをクリックします。

[メディア]の[サウンド]の下にある▼をクリックし、[ファイルからサウンド]を選択

⑤追加したいオーディオファイルを選択し、⑥<挿入>をクリックします。

追加したいオーディオファイルを選択し、<挿入>をクリック

注意:オーディオファイルの挿入には時間が掛かる場合があります。

クリップアートのオーディオを追加する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ