2017.12.5 (Tue)

ビジネス英語講座(第59回)

言いたいことが伝わらなかったときに役立つ英語表現

posted by ラッド 順子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 会議や発表時の質疑応答で、言いたいことがうまく伝わらなかったという経験をしたことはありませんか。その後、緊張や焦りから、同じセンテンスを何回も繰り返すだけになってしまい、発表が億劫になることもあるでしょう。

 そのようなビジネスの場では、言い換えや要約などのフレーズで、スムーズなコミュニケーションを達成したいものです。本記事では、言いたいことがうまく伝らなかったときに役立つ「すなわち」や「別の言い方をすれば」「例を挙げます」といったような英語フレーズを紹介します。

言い換えたいときに役立つフレーズ

 会議や発表の場では、言葉が足りずに要点がうまく伝わらなかったり、相手の誤解が原因で、質疑応答がスムーズに進まないことがあります。そのような場合は、違う言い回しや表現を使って相手の理解を促します。

Let me rephrase that. Should we inform every advertisement agency of our new products?

(言い換えさせてください。弊社は、新製品を全ての広告代理店に知らせるべきですか。)

 “Let me rephrase that.” 「それについて言い換えさせてください」といった意味になります。このように前置きすることで、相手の注意力を換気し、聞き手に集中して聞いてもらうことができます。

In other words, we need to cut down the spending.

(すなわち、弊社は出費を削減する必要があります。)

 “In other words”は、「すなわち」という意味になります。 言い換えの他に要点を伝えたいときにこのフレーズを使うことができます。

To put it another way, what sorts of advantages would be there?

(別の言い方をすれば、どういった利点があるのでしょうか。)

 “To put it another way”は、「別の言い方をすれば」という意味になります。ビジネスの場で、よく使われるフレーズですので覚えておくと便利です。

例を挙げるときに役立つフレーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

ラッド 順子

ラッド 順子

イギリス在住のライター。ケント州の高校で日本教師に加え、翻訳・通訳も行う。イギリスの大学院を修了後、TESOL(英語が母国語ではない人向けの英語教授の資格)を取得し、英語の教授経験も豊富。英会話の他に、イギリス文化、食べ物、日本文化の面白い情報を発信中。イギリスサッカーと海外番組の「The X files」が大好き。
Twitter: @JunkoLadd

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ