2017.10.2 (Mon)

ビジネス英語講座(第55回)

日本の座敷文化を紹介する英語フレーズ

posted by ラッド 順子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 海外からのお客さまとの接待会食で、座敷のある和食店を選んだ場合は、靴を脱ぐ作法を説明しなくてはなりません。店で靴を脱ぐという文化のない国の方には、初めての体験となるでしょう。日本の習慣を知ってもらえるように、座敷に関する文化やマナーを伝える英語表現を紹介します。

靴を脱ぐマナーを説明する英語表現

 接待会食で海外からのお客さまを、和食の料亭に招待することになりました。玄関や座敷の前にある下駄箱とスリッパを見て、お客さまが所作に迷っている様子を見せたら、下記のように説明します。

自分:When entering a Japanese house, we take off shoes and put on house slippers.

(日本の家に入る時に、私達は靴をぬいてスリッパを履きます。)

 “take off 〇〇” は、「〇〇を脱ぐ」という意味になります。“ put on 〇〇”は、「〇〇を履く」という意味になります。これらの表現は、靴だけでなく服でも使うことができます。

 玄関で靴を脱いで廊下を進み、予約していた和室の前に来ました。

自分:To enter a tatami room, you need to take your slippers off. Oh! Watch your step up. The room is raised by a few centimeters.

(畳の部屋に入るにはスリッパを脱ぐ必要があります。あ!足を上げてください。この部屋は2~3cm高くなっています。)

 “ Watch your step” となると「足元に気をつけて下さい」という意味なります。ロンドンの地下鉄では、このアナウンスがよく聞かれます。

相手:Thanks for your advice. It’s a different culture. You are busy swapping shoes everyday, aren’t you?

(教えていただき、どうもありがとうございます。文化が違いますね。あなた方は毎日、靴の履きかえで忙しいですね。)

 “busy 〇〇ing”で「〇〇で忙しい」という意味になります。ビジネスでも、「今、データ分析で忙しい」など、さまざまな場面で使うことができます。

座敷でのマナーや正座の文化を説明する英語表現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

ラッド 順子

ラッド 順子

イギリス在住のライター。ケント州の高校で日本教師に加え、翻訳・通訳も行う。イギリスの大学院を修了後、TESOL(英語が母国語ではない人向けの英語教授の資格)を取得し、英語の教授経験も豊富。英会話の他に、イギリス文化、食べ物、日本文化の面白い情報を発信中。イギリスサッカーと海外番組の「The X files」が大好き。
Twitter: @JunkoLadd

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ