2017.7.3 (Mon)

ビジネス英語講座(第49回)

日本の夏の行事を紹介する英語フレーズ

posted by ラッド 順子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 国々に季節ごとの行事があります。伝統的な行事を知ることは、その国の人々への理解を深め、文化の違いに留意したコミュニケーションを図る上でとても大切です。

 ビジネスシーンでも、海外から来日したお客さまが日本の行事に興味を示すことがあります。もし日本の文化や行事について聞かれたら、どのように答えればいいのでしょうか。ここでは、日本の夏の行事を紹介するための英語表現を紹介します。

七夕を紹介する英語表現

 七夕祭りの煌びやかな飾りに海外からのお客さまが興味を示したら、七夕の伝説や行事について説明しましょう。

自分:Tanabata, also known as the Star Festival, is held on the 7th July. According to Chinese legend, Orihime and Hikoboshi were lovers and were separated by the Milky way, are allowed to cross it to meet once a year on the night. Orihime is Vega star, Hikoboshi is Altair star.

(星祭りとして知られる七夕は、七月七日に開催されます。中国の伝説によると、恋人同士の織姫と彦星は、天の川の両岸に別々に住んでいますが、年に1回この夜にのみ、川を横切って会うことが許されています。織姫はヴェガ星、彦星はアルタイル星のことです。)

 “According to〇〇” は、「〇〇によると」という意味になります。ビジネスシーンでは上司やチームに調査結果を報告する時に便利な表現です。

相手:What was written on paper strips?

(細長い紙には、何が書いてありますか。)

 

自分:Children write wishes on strips of paper, called Tanzaku, and hang them on bamboo branches. Not only at school, but also shopping arcades are decorated with large and attractive ornaments.

(短冊と呼ばれる細長い紙に子供達は願い事を書きます。そして、竹の枝に吊るします。学校だけではなく、商店街でも大きくて人目を集める装飾が飾られます。)

 “Not only 〇〇 but also ●●”は、「〇〇だけではなく●●も」という意味になります。日常でもビジネスでも頻出する便利な表現です。

花火大会を紹介する英語表現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

ラッド 順子

ラッド 順子

イギリス在住のライター。ケント州の高校で日本教師に加え、翻訳・通訳も行う。イギリスの大学院を修了後、TESOL(英語が母国語ではない人向けの英語教授の資格)を取得し、英語の教授経験も豊富。英会話の他に、イギリス文化、食べ物、日本文化の面白い情報を発信中。イギリスサッカーと海外番組の「The X files」が大好き。
Twitter: @JunkoLadd

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ