2017.5.25 (Thu)

ビジネス英語講座(第46回)

英語で面接を受ける際に使えるフレーズ

posted by Yoshi

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 日本人のグローバル化が進む中、転職活動の際に、英語で面接が行われるケースが多くなってきました。特に外資系企業においては、その傾向が顕著です。ここでは、面接の際に覚えておきたいフレーズや英語表現を紹介しましょう。

 

面接の機会に対して感謝を伝えるフレーズ

 面接の最初にすべきことは挨拶です。欧米では、挨拶の際に握手を交わすのが通例となっています。笑顔で握手を交わしましょう。

 握手が済んだら、面接の機会を与えてくれたことに対して感謝の意を示してください。

自分:Hello. My name is Hideo Sekiguchi. I’m pleased to meet you.

(こんにちは。関口秀雄と申します。お会いできてうれしく思います)

 

相手:Thank you for coming today. I’m John Williams. I’m going to interview you.

(今日はお越しくださいまして、ありがとうございます。私は面接官のジョン・ウィリアムズです)

 

自分:I would like to thank for giving me the opportunity for the interview.

(面接の機会をくださってありがとうございます)

 上の文章における「interview」とは、日本語の「インタビュー」ではなく、「面接」という意味になります。

 「I would like to~」は「I want to~」よりも丁寧な表現となります。面接のようなフォーマルなシチュエーションでは「I would like to~」を使いましょう。

自己紹介をするための会話例 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

Yoshi

Yoshi

アメリカ留学の経験を活かして、記事を執筆しています。ライター、編集、翻訳業務の経験が10年ほどあり、英語関連の執筆を得意としています。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ