2017.4.7 (Fri)

ビジネス英語講座(第43回)

カクテルパーティーで交流する際に便利な定形フレーズ

posted by Yoshi

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 海外の出張先では、パーティーに招かれることもあります。欧米では社交の場としてカクテルパーティーが度々開かれており、ビジネスパーソンがさまざまな情報を交換しています。

 そのような場に招かれることに慣れていない場合は、どう振る舞えばいいのか、戸惑うかもしれません。今回はそんなときに役立つ会話の例を紹介します。

初対面の人に話しかける際の表現

 カクテルパーティーには大勢の人が訪れます。夕食前の軽い食事をする人、アルコールを飲んでいる人などさまざまです。このような場面で、初対面の人に話しかける便利なフレーズがあります。

 自分:I don’t believe we’ve met. My name is Kouji Suzuki of ABC Company.

(はじめてお目にかかります。私はABC社の鈴木浩二と申します)

 「I don’t believe we’ve met」は「お会いしたことないですよね?」という意味です。つまり、「はじめてお目にかかる」ということが表現できます。いきなり名前を名乗るのではなく、この一文を加えることで、スムーズに会話に入ることができます。

相手:Hi, Kouji. It’s nice to meet you. I’m George Smith.

(浩二さん。はじめまして。私はジョージ・スミスといいます)

 

自分:Hi, George. It’s nice to meet you, too. Which company do you work for?

(こちらこそはじめまして、ジョージさん。どこの会社にお勤めですか?)

 

相手:I work for Y company. Our company is a computer company.

(Y会社に勤務しています。私たちの会社はコンピューター会社です)

 

自分:What do you do in your company?

(会社でどのような仕事をしていますか?)

 

相手:I’m a system engineer. I make programs for various companies.

(私はシステムエンジニアです。さまざまな企業に対して、プログラムを作成しています)

 相手の仕事内容を知りたい場合は、「What do you do?」で「(その会社で)何をしているのか」という意味になります。

パーティーで役立つスモールトークの会話例

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

Yoshi

Yoshi

アメリカ留学の経験を活かして、記事を執筆しています。ライター、編集、翻訳業務の経験が10年ほどあり、英語関連の執筆を得意としています。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ