2017.1.31 (Tue)

ビジネス英語講座(第38回)

海外企業との企画会議で使える英語フレーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 英語で会議を行うとなると、日常の英会話よりはるかにハードルが高いと感じる人も多いでしょう。しかし実際には、会議で使われる表現には定型のフレーズが多くあります。

 とある日本企業と海外企業との間で行われる企画会議を例に、ビジネスの現場で使えるフレーズを見ていきましょう。

会議を始める前に簡単な挨拶を

 今回は、海外からビジネスパートナーが来日し、海外の製品を日本の市場で売り出すための企画会議が行われるとします。進行役を任されている場合は、以下のようなフレーズでスタートします。

May I have your attention please?
(みなさん、よろしいでしょうか?)

 

Shall we get started?
(それでは始めましょうか?)

 これに加え、下記のフレーズを添えて、わざわざ来日してくれた参加者に謝意を示しましょう。

Thank you very much for coming all the way from the U.S. to this meeting.
(今日はわざわざアメリカから会議に出席していただきありがとうございます。)

 

Thank you for your time today.
(今日はお時間を割いていただきありがとうございます。)

何について話すのか、話し合う事項を確認する

 会議で話し合う事項を「agenda (アジェンダ)」と呼びます。日本でもよく使われる言葉ですが、アジェンダを確認し、会議で議論すべきポイントと到達すべきゴールを、参加者全員で共有しましょう。

Please take a look at your copy of the agenda. There are 7 topics on the list today.
(アジェンダのコピーを見てください。今日は7つの議題があります。)

 

Let’s start from the first topic.
(では最初の議題に入りましょう。)

商品やサービスの特徴、強みについてヒアリングする

 議論の対象となる商品やサービスについて、相手企業の担当者に説明を求める際は、以下のようなフレーズで切り出しましょう。お願いをする際には「Would you~」の疑問文を用いるのがベストです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ