2017.1.30 (Mon)

ビジネス英語講座(第37回)

同僚や取引先へプレゼントを贈る際の英語表現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 欧米のビジネスシーンでは、取引先に対してプレゼントや手土産を持参することはあまり見られません。その一方で、職場の身内のメンバーに対しては、誕生日プレゼントや、昇進やプロジェクトの成功を祝う記念品、転勤や退職の際に贈る「Going away gift 」などで、プレゼントのやりとりをする機会は多いです。

 今回は、贈り物を選ぶときや、実際に手渡す際に役立つシーンを例に、ビジネスの現場で使える英語表現を紹介します。

どんな贈り物をするか提案する

 まずは、同僚にプレゼントを贈る際のフレーズです。贈り物やパーティーなどのイベントアイディアについて、同僚に話を持ちかける際には、このように問いかけます。

John’s birthday is coming up in 3 weeks.
(ジョンの誕生日まで3週間だね)

 

How about preparing a gift for him?
(贈り物を準備するのはどうでしょう?)

 「How about ~?(~はどうですか?)」というフレーズは、だれかに提案したり誘ったりするときの定番です。とても軽く提案するイメージで、相手に断る余地を与えるようなソフトな言い方です。

何を選ぶべきか、相手の好みがわからない時

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ