Biz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速する

2016.12.19 (Mon)

ビジネス英語講座(第36回)

海外から来た顧客に自社を案内する際の英語表現

posted by Mayuko

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 海外の顧客や外資企業の来客を迎える際、受付やミーティング後に、自社を案内することもあるでしょう。今回は、そうした時に使える英語表現をいくつか紹介します。

来客を出迎えするときのフレーズ

 まずは来客を出迎える際の簡単な挨拶から紹介します。

Welcome to the ○○ corporation(会社名). I am Taro Yamada, liaison officer.
(ようこそお越し下さいました。調整役の山田太郎と申します)

 liaison office(リエゾンオフィス)は、他社との調整や連絡などを行う部署のことで、ここで働く人のことをliaison officer(リエゾンオフィサー)と呼びます。 英語圏では耳にする機会が多いので、覚えておくと良いでしょう。

Thank you for coming all this way to visit us.
(この度は遠いところをお運び頂きありがとうございます)

 

How was your flight?
(飛行機の旅はいかがでしたか?)

 

How was your journey?
(旅はいかがでしたか?)

 海外からの来客の場合、ほぼ100パーセントが飛行機での移動となり、flight(飛行機での旅)という言葉を使うのが自然です。このほか、journey(旅)という言葉でも大丈夫です。journeyは飛行機だけでなく、船や電車、車や徒歩など、移動すべてに使うことができます。

受付手続きで使える丁寧なフレーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

Mayuko

Mayuko

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ