Biz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速する

2016.11.22 (Tue)

ビジネス英語講座(第34回)

ビジネスに必須の社交辞令 英語でどう表現する?

posted by Mayuko

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ビジネスを無難に進めるためには、社交辞令は欠かせないものです。日本語にたくさんの社交辞令があるように、英語にも多くの社交辞令があります。

 今回は、ネイティヴスピーカーが好んで使う社交辞令の例文と、それに対する応答文をご紹介します。

お誘いのスマートな断り方

 仕事帰りに「一杯どうですか」と声をかけることは良くありますが、あまり強い誘い方ではない方が、相手にプレッシャーを与えずにすみます。断る際もやんわりとした答え方があります。以下がその例文です。

Would you like to have a quick drink?
(一杯飲みに行きませんか?)

 

Thank you, but I’ve got a plan. Maybe next time.
(すみません、これから予定があるので、またの機会に)

 また英語圏では、ホームパーティーに誘われることがよくあります。職場の同僚に対しても話の流れで誘われることがありますが、あまり乗り気でない場合は、角が立たない言い回しで断りましょう。

Would you like to come and join the party?
(パーティーがあるのですが、来ませんか?)

 

Oh, sounds good. But unfortunately I am in hurry. Thanks anyway.
(いいですねー。でも残念ながらちょっと急いでいますので。ありがとうございます。)

 話の流れではなく、事前にきちんと招待されるケースもあります。その場合の断り方は以下のように回答するのが無難でしょう。

Would you like to come and join the party?
(パーティーがあるのですが、来ませんか?)

 

I am sorry I can‘t make it this time because I have another commitment. Have fun and say hi for me to your family. Hopefully we can go out another time soon.
(すみませんがその日は予定があるので参加できません。ご家族の皆様によろしくお伝えください。また次の機会を楽しみにしています。)

相手の好意を上手に断る場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

Mayuko

Mayuko

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ