2016.9.16 (Fri)

ビジネス英語講座(第30回)

仕事を依頼するときの英語表現

posted by Mayuko

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 少子高齢化により国内の労働力が減少傾向にあるなか、海外へアウトソーシングを行う企業が増えていると言われています。その様な時も、スムーズに仕事を依頼するための表現をいくつかご紹介します。

 

面識の無い相手に電話で依頼をする場合

 今まで取引の無い相手と新しい取引を始める場合、メールや書面で済ませるよりも、電話でこちらの意図を明確に伝える方が得策と言えます。そこで、初めての相手に電話する際の会話の例を挙げてみましょう。

Hello. I’d like to speak to John Smith, please?
(もしもし、ジョンスミスさんをお願いしたいのですが。)

 面識の無い相手を呼び出す場合、通常はフルネームが用いられます。ここで気をつけたいのは、MrやMrsなどの敬称は使わないという点です。フルネームに敬称がつくと不自然に丁寧すぎる感じがして、セールスや警察からの電話かもしれないという印象を与え、相手に警戒心を持たれかねません。

Speaking.
(はい、私ですが)

 本人が電話に出た場合、ほぼ100%この「Speaking」という返答が返ってきます。日本語を直訳した「It’s me」や「 I am John」などの答えを期待していると戸惑うことになるので、覚えておくと便利でしょう。

My name is Taro Yamada. I’m the component import manager for Yotsui Computer Industries in Tokyo, Japan. I’d like to discuss the possibility of your company supplying microchips for us.

(私は山田太郎と申します。日本の東京にある四ツ井コンピューターという会社の部品輸入部門の主任を務めております。この度御社にマイクロチップの製造をお願いできるかどうか、ご相談したくお電話しました。)

 初めての電話では、名前と会社、肩書き、用件を、明瞭簡潔に伝えましょう。
ちなみに、最初に本人以外の人が電話に出た場合、以下のような応対が考えられます。

I’ll put you through. One moment.
(つなぎますので少々お待ちください。)

 

He is not here at the moment. Could I take a message?

(ただ今席を外しております。伝言をお預かりしましょうか?)

事前にメールで用件を伝え、後日電話する場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

Mayuko

Mayuko

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ