2016.2.1 (Mon)

ビジネス英語講座(第18回)

取引き先とのやり取り(請求を促す編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

取引き先とのやり取り(請求を促す編)

ビジネスにおいて、取引き先へ請求を促す機会があると思います。今回は、そのような場合のメールでの通知のしかたについてご紹介します。

請求の支払いがされていないことを通知する

こちらから請求書を発送したにも関わらず、予定した日に支払いがされていないケースがあります。メールや電話で次のように問い合わせてみましょう。

“This is to remind you that we haven`t received payment for your order.”
(支払いが済まれてないようなので、確認の通知をします)

ビジネスにおいて行き違いや勘違いはよくあることですので、まずは気づいたほうから状況を相手方へシンプルに伝えましょう。

期限を伝えて請求を促す

こちらがどのような対応を望んでいるかをシンプルに伝えましょう。

“We would appreciate if you make your payment by the end of this week.”
(今週末までにお支払いいただきますようお願い申し上げます)

こちら側の要望を伝えるときは、できるだけ詳細な日付を示して、双方の意思の疎通を図るよう心掛けましょう。

誰しも大切なビジネスパートナーと金銭の問題であまり険悪なムードは作りたくないものです。状況確認と要望を明確に伝えることで、問題の解決に努めましょう。その対処次第では、時に互いの信頼を深めることへと繋がるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ