Biz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速する

2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第21回)

コイニー株式会社 代表取締役社長 佐俣 奈緒子 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

スマートフォンやタブレットを利用した安全で簡単なクレジットカード決済を日本で初めて実現した「Coiney(コイニー)」。
今までの決済の常識をくつがえす画期的なサービスで、設立からわずか2年半ながら急成長をつづける同社の設立までのエピソードやそのこだわり、これからのビジョンについて佐俣社長に伺った。

コイニー株式会社 代表取締役社長
佐俣奈緒子(さまた・なおこ)


プロフィール
1983年生。広島県出身。
2009年より、外資系決済会社の日本法人立ちあげに参画。
2012年3月にコイニーを創業。スマートフォンやタブレット端末を使ったクレジットカード決済サービス「Coiney」を開始。

実は画期的!?手数料の一律化!!

――まずはこの事業を始めようと思ったきっかけについてお聞かせいただけますか?

私は前職でも決済のサービスに携わっていたのですが、そこでの仕事を通じて、日本が(決済に関して)とても特殊な環境にあるということを感じました。
ひとつの例として支払い手段が多いということ。具体的には、クレジットカードはもちろん、SuicaやPASMOなどの電子マネー、デビットカードにおサイフケータイ、さらには代引きのようなサービスまである。にもかかわらず結局は現金決済がGDPの55パーセントを占めているというのが(その当時の)現状であり、その大きな要因として、そういった現金以外の支払い手段を導入しているお店自体が実はそれほど多くないということに気が付きました。
つまりここに非対称性が存在し、その状況を変えるようなサービスを提供することで、極端にいえば現金での決済をなくしてしまう、といった人々の生活スタイルを変えてしまうようなことができるのではないだろうかと思ったことがこの事業を始めるに至ったきっかけです。

――御社のサービスといえば決済ツールとしてスマートフォンやタブレットを利用するという点も大きな特徴だと思うのですが、そのあたりのねらいについてお聞かせください

今申し上げたような非対称性を改善していくためには、まずはお店側が導入しやすい環境を作ることが第一だと考えました。
それと並行して、私がこのサービスを考え始めた段階にあった2011年に、スマートフォンの出荷台数がいわゆるガラケー(フィーチャーフォン)の出荷台数を上回るという現象が起きました。
そうなるとこのあと世の中の多くのひとたちはスマートフォンを持ち始めるだろう、ならば、すでに持っているものを利用することがお店側の視点に立ったときに一番安いコストで導入できると考え、スマートフォンやタブレットを決済ツールとして使うかたちにいたしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ