2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第20回)

株式会社学研ホールディングス 代表取締役社長 宮原 博昭 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

1946 年に教育者であった古岡秀人氏が創業した学習研究社(現学研ホールディングス)は「ずっと、いっしょに “まなび”をたのしく! ワクワク☆ドキドキ創造企業」を旗印に教育分野に特化した出版社として確固たる地位を築いた。
教育分野以外でも趣味・実用・エンターテイメント分野など、あらゆるジャンルにおける出版事業を展開するほか近年ではデジタル端末を活用した教育ICT にも力を注いでいる。
同社および教育ICTの現状と未来について、現代表取締役社長である宮原氏に伺った。

株式会社学研ホールディングス 代表取締役社長
宮原博昭(みやはら・ひろあき)


プロフィール
昭和34年(西暦:1959年)7月8日 広島県呉市出身
昭和57年3月 防衛大学校 卒業
昭和61年9月 (株)学習研究社 入社
平成15年12月 同社 学研教室事業部長
平成19年4月 同社 執行役員 第四教育事業本部長 兼 学研教室 事業部長
平成21年6月 同社 取締役(事業戦略、CSR 担当)
平成21年10月 (株)学研ホールディングス 取締役(事業戦略、CSR 推進 担当)
平成22年5月 同社 取締役(経営・事業戦略、CSR 推進担当)
兼(株)学研塾ホールディングス代表取締役社長
兼(株)学研エデュケーショナル代表取締役社長
平成22年7月 同社 取締役(経営・事業戦略、CSR 推進担当、デジタル事業戦略担当) 兼(株)学研教育出版代表取締役社長
平成22年12月 現職

“売れる”よりも“本物”を伝えたい!?

――“教育”という分野に特化した出版社として68 年の歴史を誇る御社が、創業から変わることなく持っている理念やこだわりについてお聞かせください

やはり“お客さま視点に立ったもの作りをする”ということ、これについては創業以来変わらない理念として強いこだわりを持っています。
ただ教育という分野においてはお金を払う人と利益を受ける人が違うものですから、そのなかでも私どもはお金を払う保護者の方や先生方ではなく、利益を受ける子どもたちの視点に立ったもの作りということにこだわってきたつもりです。

――その点についてもう少し具体的にお聞かせいただけますでしょうか?

例えば昆虫の図鑑。他社さまから出ている多くのものは表紙にかわいらしいイラストが使われています。
それは何故かというと、そのほうが買われるお母さんたちにはウケが良いんです。ですから顧客満足度を考えると私どももそれに倣うべきなのでしょうが、当社では、各種ある図鑑のほぼすべてが本物の昆虫の写真を表紙に使用してまいりました。
そこにはなにより子どもたちに“本物を伝えたい”という想いがあります。

――しかしそれでは肝心の売上げの部分に影響が出るのではないでしょうか?

はい。短期的に見ればそうですが、中長期的には必ずお客さまの信頼を得ることができると信じています。そして私どもの考えとして、子どもたちに最後はやはり本物に触れて欲しいという想いがあります。
例えば動物園や近所の公園で、動物や昆虫と直に触れ合い、そこで嗅覚や聴覚といった五感を使って学んで欲しい。そして図鑑というものはそのための導入部分であるべきなのです。だからこそ私どもは図鑑を作るときなどは、売上げ以上に本物にこだわったもの作りということを心がけております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ