2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第19回)

株式会社サカタのタネ 代表取締役社長 坂田 宏 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

「プリンス」メロンや「アンデス」メロンなどを開発したことで知られるサカタのタネ。
食と健康への関心が高まる中、世界19カ国で種子を生産し、100周年を過ぎた今も順調に成長を続けている。ヒット商品の開発の裏側とグローバル戦略、話題の「スマートアグリ」に対する考えについて、坂田社長に話を伺った。

株式会社サカタのタネ 代表取締役社長
坂田 宏(さかた・ひろし)


プロフィール
1952年神奈川県生まれ。株式会社サカタのタネ代表取締役社長。慶應義塾大学経済学部卒業。株式会社第一勧業銀行(現・株式会社みずほ銀行)を経て、1981年に坂田種苗株式会社(現・株式会社サカタのタネ)入社。国内営業を経験後、ヨーロッパでの現地法人立ち上げにかかわり、6年間オランダに駐在。SAKATA SEED EUROPE B.V.(現・EUROPEAN SAKATA HOLDING S.A.S.)総支配人、取締役社長室長、広報宣伝部長、経営企画室長などを歴任し、2005年常務取締役管理本部長となる。2007年6月より現職。創業家の三代目にあたる。

戦争や災害に翻弄された創業期。苦難の時代をどう乗り越えたのか?

――御社は昨年、創立100周年を迎えられたそうですが、設立から現在に至るまでの経緯についてお聞かせください

「サカタのタネ」は、創業者・坂田武雄が大正二年(1913年)に横浜に設立した「坂田農園」に始まります。 100年の歴史を振り返ってみると、三つのタームに分けられるかと思います。創業から第二次大戦の前までが創業期です。創業当初は苗木の輸出入が主な業務でした。しかし戦争が始まり、苗の輸出が難しくなって種子の販売や育種に転換を図ります。1930年代の大ヒット商品に「ビクトリアス・ミックス」という、世界初の100%八重咲きF1ペチュニアがあります。これを独占的に輸出し、発展の基礎を築きました。(F1:遺伝形質の違う2個体の交配によってできる一代目)
第二期は戦後から高度成長期にかけてです。これまでメインだった花に加え、野菜の育種と販売にも力を入れ、野菜と花の総合種苗会社として再スタートしました。「プリンス」メロン、「アンデス」メロン、トウモロコシ「ハニーバンタム」など、消費者の皆さまにも知っていただいている品種の開発を果たし、国内外である程度安定的な地位を築くことができました。
そして1970年代から現在にかけて、本格的なグローバル展開を目指し、そして実現しているのが第三期です。実は創業期にもシカゴ支店や上海支店を立ち上げ、グローバルに活動していましたが、第三期で改めて海外進出を行いました。2014年8月現在で、19カ国に28拠点を持ち、連結ベースでみると売上高の半分は海外の売上げが占めています。このように、創業以来100年間、種苗業を堅持して今日に至っています。

―― 一世紀にわたる歴史の中で、御社が経験した試練とは?

やはり創業期は苦難の連続だったようです。二度の戦争では、苗木や種子の輸出ができなくなり、海外の拠点や農場も引き上げざるを得なくなりました。当時は資金力も十分ではなかったため、かなり借金をしてなんとか会社を続けたそうです。また大正12年の関東大震災では、横浜関内にある本社ビルが全壊しました。創業者も下敷きになり、ギリギリのところで助けられたと聞いています。
戦後も当然苦労はありますが、戦前に比べれば会社もある程度の規模になり、順調に成長していったと思いますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ