Biz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速する

2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第17回)

株式会社カカクコム 代表取締役社長 田中 実 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

日本のインターネットの黎明期にあたる1997年に創業した株式会社カカクコム。
同社が手掛ける購買支援サイト「価格.com」(月間利用者数約4,966万人/2014年3月末現在)と、グルメ口コミサイト「食べログ」(月間利用者数約5,748万人/2014年3月末現在)は、いまでは消費者の生活インフラとして欠かせない存在に成長した。
3代目にあたる田中実社長に、企業を成長させ続ける秘訣について伺った。

株式会社カカクコム 代表取締役社長
田中 実(たなか・みのる)


プロフィール
1962年兵庫県神戸市出身。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。
1986年(株)三菱銀行(現(株)三菱東京UFJ銀行)入行。ヒューストン支店コーポレートファイナンスVP、台北支店日系課長、本部勤務を経験。
2001年(株)デジタルガレージ入社。2002年(株)カカクコム取締役に就任。取締役CFO、取締役副社長を経て2006年6月代表取締役社長に就任。
母方の実家は400年続くお寺。中学から大学まではバトミントンに明け暮れるスポーツ青年だった。
趣味は犬の散歩と車。犬は柴犬、車はマニュアル車というこだわりがある。阪神タイガースの大ファン。

銀行員から未知のITビジネスへ。カカクコムを上場させたいきさつ

――はじめに、銀行マンからITビジネスの世界へ転身をされた理由をお聞かせください

img_2当初勤めた銀行には1986年から2001年まで15年間お世話になりました。もともと海外勤務希望でアメリカと台湾に赴任したのですが、2000年に日本に帰されたとき、どうやらこの先、海外勤務は難しそうだと思いました。
それではこの先面白くないな、辞めようかなと、本店の廊下をトボトボ歩いていたら、中学・高校の先輩にばったり会いまして、事情を話したところ、「じゃあ、こういうところで人を探しているから会ってきたら」と紹介してくれたんです。
それで会いに行ったら「すぐに来い」という話になりました。そこがデジタルガレージでした。
銀行員だったら、お金を貸すときに財務諸表をチェックして会社の良し悪しを判断しますが、デジタルガレージの財務諸表は一切見なかったですね。これしか僕にはチャンスがないんだから、分析しても無駄だと思っていました。
ご縁があったところに自分から主体的に行くというのが、成功するにしても、失敗するにしても、まだしも納得できるだろうと考えたのです。

――2001年にデジタルガレージ入社後、2002年にカカクコム取締役に就任しています。これは、2003年のカカクコムのマザーズ上場をにらんでのことだったのですか?

僕がデジタルガレージに在籍していた8カ月、カカクコムを買収する際のデジタルガレージ側の担当者をしていました。
8億円弱を入れて45%の株式を取得し、カカクコムを子会社にすることが決まったとき、「8億円というお金はデジタルガレージにとって非常に大きなお金だ。お前がカカクコムに転籍して、戻らない覚悟でしっかり会社を成長させてこい」と。結局、片道切符でカカクコムに行くことになりました。
当時のカカクコムの社長は、2代目の穐田誉輝社長(現クックパッド株式会社社長)で、僕は財務担当として彼をサポートし、カカクコムを上場させたというのが当時のストーリーです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ